湯浅醤油 蔵匠 樽仕込み720ml 国産丸大豆使用のこだわりの絶品しょうゆ☆【48372】【ジョブチューン】【醤油職人】【5代目】【新古敏朗】

蔵匠 樽仕込み

「湯浅醤油といえばコレ」。湯浅醤油のベースとなっている、当店基本の醤油です。

蔵人が古式製法で作っている、味も香りも絶品の、自慢できる逸品です。

たまり醤油ほど濃くはなく、すっきりとした味で、香りも豊かです。杉樽から搾ったままのおいしさが詰まっています。

お寿司やおひたし、煮魚に。何のお料理にも合うのが特徴です。醤油発祥の地・湯浅のお醤油を味わってみて下さいね。


樽仕込みをつかった料理例

メディアで紹介されています
雑誌「WORLD GRAPH」11月号に掲載されました
こんなに!樽仕込みコラボ商品
樽仕込みコラボ商品
おにぎり、からあげ、ラーメン、焼うどん、ようかんにも…湯浅醤油の基本であり、何にでも合う「樽仕込み」だからこそコラボ商品が多いのです。


国産丸大豆について
よく見かける、「丸大豆使用」の文字。「丸大豆」という品種なのかな?と思ってしまいますが、実は「丸大豆」とは「大豆」の事なんです。
では、普通の「大豆」とは何か?というと、醤油業界では「脱脂加工大豆」の事になります。


これは簡単に言えば脂分を絞ったあとの大豆の事です。

ではなぜ、醤油つくりに「脱脂加工大豆」が使われているのか?

それは今からさかのぼる事、約70年前…

大平洋戦争に敗れた日本では、極度の食糧難に見舞われました。
食べるものはもちろん、醤油をつくる大豆も手に入りません。

そこにアメリカから大豆が輸入されてきます。

ただ…通常の大豆ではもったいないとばかりに、「脂分を抜いた大豆」=「脱脂加工大豆」が輸入されます。
その「脱脂加工大豆」を使って日本人は再び醤油つくりを再開したのです。

つまり、当時の大豆は「脱脂加工大豆」だったのです。

そして、近年になり昔ながらの製法で醤油をつくろう、という動きになり、大豆も脱脂加工大豆ではなく、
もともと使っていた本当の「大豆」を使って作る動きが起こりました。

そこで、醤油業界ではすでに「脱脂加工大豆」を「大豆」と呼んでいたため、区別をするために「丸大豆」と呼ぶようにしたのです。


国産丸大豆がつかわれている醤油は少ない
醤油作りの大豆・脱脂加工大豆比

日本でつくられている醤油の97%は脱脂加工大豆や海外産の大豆を使った醤油なんです。

国産の大豆をつかった醤油はわずか3%!

スーパーに100本醤油があれば、たった3本だけが国産大豆を使って作った醤油、という事です。


当店の醤油の大豆は全て国産大豆使用!


当店の醤油の大豆は全て国産大豆使用です

醤油職人が命をかけてつくる本物の醤油


五代目みずから厳選した素材のみを使用
国産丸大豆 国産小麦 醤油麹菌 長崎・五島灘産の塩
国産丸大豆 国産小麦 醤油麹菌 長崎の塩

五代目がみずから全国を飛び回り、探してきた素材たちです。
もちろん合成保存料・着色料・遺伝子組み換え大豆は使用しておりません。





他に類を見ない作り方・古式製法

古式製法とは…?

通常、醤油の仕込みでは大豆は「蒸し」ます。
弊社では他とは違い、大豆を「ゆで」ます。

国産の大豆を大釜で約4時間、じっくりと煮込みます。

その際に出てくる白い泡(大豆のたんぱく質)は取り除き、
茹で汁は捨てずに取っておきます。
なぜかというと、茹で汁に大豆の旨味が出ているからです。

そして取っておいた茹で汁に五島灘の塩を混ぜ、醤油の仕込み水として使います。
こうする事により、より一層、できあがる醤油がおいしくなるからです。

この大豆を茹でて仕込む製法を、「古式製法」と呼びます。
世界最古の料理書「斉民要術」(西暦580年)を元にした醤油の作り方です。





醤油の作り方について もっと詳しく知りたい方はこちら>>,

杉樽


一手間くわえて醤油を愉しむ

鯛のかぶと煮

樽仕込みをつかったレシピの紹介です。<ひいなの湯・赤間調理長監修>

【材料】
鯛のお頭
出汁2:酒1:醤油0.8:みりん0.5:砂糖0.2〜0.5(割合換算)


【鯛のお頭の下ごしらえ】
鯛の頭をボウルの中に入れ、90℃〜95℃くらいの熱湯をたっぷり加えます。

熱湯を加えたら箸などで全体を軽く混ぜ、表面が全体的に白くなったら差し水をして冷まします。

手が入れられる熱さになったら、魚の表面の汚れや血合い、うろこなどを丁寧に取り除きます。


【作り方】
1、材料を全て合わせます。

2、合わせた調味料と下処理をした鯛の頭を入れ、火にかけます。

3、沸かしてアクを取り、コトコト煮詰めて出来上がり。

■ お客様の声

おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ のんたん様 2018-04-28
貴社の樽仕込み醤油は本当に美味しいです!我が家になくてはならない お醤油です。なくなりそうになると、あわてて注文しています。お料理の味付けも、このお醤油のお陰でとても上手くまとまります。今では、実家の両親も取り寄せて愛用してしています。
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ はる様 2018-03-16
大変美味しいお醤油です。今までもそれなりに美味しいお醤油を使って来たつもりでしたが、この蔵匠樽仕込みを使ってみて……感激!!!でした。何だか料理上手になったように思わせてくれるお醤油です。
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ マサヒロ様 2017-12-31
10月にお邪魔してお醤油の試飲?などさせていただき、数本購入して帰りました。
全部使い終わったのでぜひ購入したく思い今回購入させていただきました。
またなくなり次第購入します。

>>この商品の全てのレビューを見る

湯浅醤油 蔵匠 樽仕込み720ml 国産丸大豆使用のこだわりの絶品しょうゆ☆【48372】【ジョブチューン】【醤油職人】【5代目】【新古敏朗】

価格:

1,188円 (税込)

[ポイント還元 11ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 4.8 (38件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

名称 こいくちしょうゆ(本醸造)
原材料名 大豆(国産)・小麦(国産)・食塩
塩分 16%
内容量 720ml
保存方法 直射日光、高温多湿をさけ、常温保存


お客様の声

お刺身や冷奴、おひたし、漬け物等へのかけ醤油として、お魚などの煮物料理にも幅広くお使い頂けます。

あのサッポロ一番の【サンヨー食品】さまからこの醤油を使用したインスタントラーメンが発売されました!ノンフライ麺でローカロリーなのに、麺がシコシコ、スープはもちろんめちゃくちゃ美味しいです*^^*(2007年3月12日発売)

麺屋ひしおの、吟醸湯浅醤油ラーメンでも使用されています。
塩分:16%
本醸造 杉樽仕込み

原材料:丸大豆、小麦、食塩
国産原料使用。
脱脂加工大豆・遺伝子組み換え原料は使用しておりません。
保存料・着色料等は使用しておりません。

*古式製法とは
通常は豆は蒸されて仕込まれますが、古式製法は豆をじっくりと時間をかけて煮るのが大きな違いです。そしてその煮汁を仕込み水として使用しますので、大豆のもつイソフラボンやレシチン、サポニン等の栄養成分が丸ごと入ることになります。
厳寒の冬に仕込み、天然の杉樽で1年以上熟成させ、もろみを搾り、出来上がった生醤油を大きな木桶に移し、更に数ヶ月熟成させて不純物を沈殿。その上汁が醤油となります。

Yuasa Soy Sauce "Tarijikomi"
This is Yuasa Soy Sauce! Thick and rich.
It is made from simple ingredients like Japanese Soy Bean, Wheat and Natural Salt only. All premium.
Maturing period is more than 18 months in a big wooden barrel so that it brings up great flavor.
This is our base soy sauce to make other line-up. So simple but rich.
Yuasa soy sauce is a brand.
"Yuasa" is a birthplace of Japanese Soy sauce.
Sometimes used as a coraboration with famous instant ramen-noodle, snacks, major convenience store onigiri and bento.
It is very good to use for sashimi and sushi, but it is good for cooking.
For ramen soup, you can make the great one, for sure!

関連商品

ページトップへ