{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント




醤油・金山寺味噌のお取り寄せ
〜通販・おすすめ商品〜

前へ
次へ

最高金賞の湯浅醤油
生一本黒豆 200ml

商品番号 28820
販売価格 ¥ 1,080 税込
[ 54 ポイント進呈 ]

お買い上げ金額8,000円以上で送料無料!

【 買い物カゴを確認する 】


お支払い方法一覧
※予約商品が入った注文の際は、d払い・Amazon Payでの支払いは選択することができません。
同梱すると送料無料!

【おすすめレシピ 公開中!】


● 杉樽天然醸造・丹波黒豆使用 生一本黒豆(きいっぽんくろまめ)

「生一本」とは、混ぜ物をしていないという意味です。
厳寒の冬に仕込み、天然の杉樽で約2年じっくり熟成させることで濃厚で深い味わいの香り豊かな醤油になります。
杉樽から搾ったままで何も加えていないのに、黒豆のもつ自然の旨みと甘みがまろやかで深い味わいを出してくれます。
色はワイン色、香りと旨みがお口にぱっと広がります。
肉料理のソースや、お刺身や冷奴、おひたしに。焼き餅に使ってもおいしいです。
2006年からモンドセレクション毎年連続で最高金賞受賞・プレミア和歌山認定品です。

 

● 野菜の旨味で、ほんのり甘い

ほのかな甘みの正体は…?

日本で唯一、金山寺味噌の醸造過程で出る「溜まり」を使った醤油。それが九曜むらさきです。
金山寺味噌と醤油のどちらも製造している蔵が当社だけのため、「九曜むらさき」を作れるのは当社だけなのです。

金山寺味噌に使う野菜…湯浅なす、白瓜、生姜、しそ等です。
もちろん合成保存料・着色料は不使用。国産の原料を使用し、遺伝子組み換え原料や脱脂加工大豆は使用しておりません。

 

● 職人が命をかけてつくる、本物の醤油

  • 丹波黒豆100%使用
  • 醤油の深い味わい古式製法
  • 1年半~2年熟成
  • 塩は全国を飛び回り探し出した国産五島灘産
  • 蔵人の卓越した技術と豊富な経験
  •  

    メディアで紹介されています

     

    生一本黒豆コラボ商品

     

    工場内に併設されている蔵カフェの醤油ソフトクリームにも、生一本黒豆を使用しています。

    こちらの醤油ソフトクリーム、甘すぎずしょっぱすぎずで、食べやすくておいしいと大人気なんですよ。


    工場見学のお申し込みはお電話にて!
    0737-62-2100

     


    2022年も湯浅醤油 生一本黒豆が、
    モンド・セレクションの最高金賞を受賞しました!

    モンドセレクション最高金賞を
      2006年から毎年連続受賞の醤油

     

     

    プレミアム和歌山認定品です

    プレミア和歌山とは、安全・安心を基本に、幅広い分野で優れた県産品を”和歌山らしさ”、
    和歌山ならではの視点で推奨する「和歌山県優良県産品(プレミア和歌山)推奨制度」のことを言います。

     

    ベルギーの星付きレストランの
    シェフたちも御用達です

    海外のシェフたちは、主に「香り付け」や「ソースの材料」として、生一本黒豆を使っているそうです。

    日本料理のプロからも、『醤油って熱を加えて煮詰めれば煮詰める程イヤな匂いがしてくるけど、
    この醤油には全くそういうのがなく、どんなに料理しても味が安定している。』と評価を頂きました。

     

    日本一・世界一の醤油を作りたい

     

    「日本一・世界一の醤油を作りたい」という思いから湯浅醤油有限会社を設立し、 一番最初に作った商品がこちらの「生一本黒豆」です。

    モンドセレクション最高金賞を2006年から連続受賞している事をはじめ、日本料理だけに限らず、 ヨーロッパの星付きレストランのシェフが買い付けに来るほど、海外からも高い評価を受けています。

    では、なぜ「生一本黒豆」という醤油はこれ程までにおいしいのでしょうか?

     

    五代目みずから厳選した素材のみ使用。
    黒大豆 国産小麦 醤油麹菌 長崎・五島灘の塩

    五代目がみずから全国を飛び回り、探してきた素材です。
    黒豆は、国産の丹波黒豆を100%使用。
    もちろん合成保存料・着色料・遺伝子く組み換え大豆は使用しておりません。

     

    他に類を見ない作り方・古式製法

    古式製法とは…?

    通常、醤油の仕込みでは大豆は「蒸し」ます。
    弊社では他とは違い、大豆を「ゆで」ます。

    国産の大豆を大釜で約4時間、じっくりと煮込みます。


    その際に出てくる白い泡(大豆のたんぱく質)は取り除き、 茹で汁は捨てずに取っておきます。
    なぜかというと、茹で汁に大豆の旨味が出ているからです。


    そして取っておいた茹で汁に五島灘の塩を混ぜ、醤油の仕込み水として使います。
    こうする事により、より一層、できあがる醤油がおいしくなるからです。


    この大豆を茹でて仕込む製法を、「古式製法」と呼びます。
    世界最古の料理書「斉民要術」(西暦580年)を元にした醤油の作り方です。

     

    1、古式製法で仕込んだ黒豆を、ザルで別に取り出します。
    取り出した黒豆に、炒り割小麦(炒って引き割った小麦)を混ぜて、麹菌をかけて室(むろ)で3日間ねかせます。

    2、大豆を煮込んだ茹で汁に、五島灘の塩を混ぜて仕込み水を作ります。
    その仕込み水を麹と合わせて、杉樽に仕込みます。この状態を「もろみ」といいます。

    3、もろみを櫂入れ(かいいれ)し、酸素を樽の中に送り、もろみを天地返しして、発酵がうまく進むようにしながら、熟成させていきます。

    4、この櫂入れ作業を約2年間、およそ700日間行い、じっくりと熟成させます。

     

     

    5、熟成させたもろみを搾ります。
    木枠に布を広げ、少しずつもろみを流し入れ、布を折りたたみ、また大きな布を広げ、折りたたみ…
    この作業を続けて、何層にも重ねていく作業を、全て手作業で行います。

    6、こうして積み上げた重みで、自然に布の目から醤油がしみだしてくるのを待ちます。
    (ちなみにこの染み出した醤油が生搾り醤油です)

    丸一日、自然にしみだすのを待ち、その後厚板を落とし、圧をかけずに半日〜1日待ちます。

    7、その後圧を徐々にかけていき、3日〜4日待ちます。
    無理やり搾らず、自然にまかせてじっくり時間をかけて搾る事により、エグミのない醤油ができるのです。

    8、そうやって搾った生揚げの醤油(生醤油)を、桶に入れ、約1ヶ月程オリがおりるのを自然に待ちます。

    9、オリがおりたあと、オリのない上部の醤油だけを取り出して火入れします。
    この時、菌を殺すと同時に、火入れ香(ひいれが)という、醤油らしい香ばしい香りがたちます。

    火入れした醤油は約2週間程すましタンクに入れて冷やします。
    その後、半自動で機会にビンを置いて充填し、フタをします。

    手作業でビンを拭き、ラベルを貼り、箱に入れて完成!
    長い時間と人の手による手間暇をかけ、みなさまにお届けいたします。

    ● ひと手間くわえて、醤油を愉しむ。

    生一本黒豆をつかったレシピの紹介です。 <ひいなの湯・赤間調理長監修>

    【香味ソースの材料】
    赤ワイン:50cc
    本みりん:50cc
    醤油(生一本黒豆):50cc
    野菜スープ:50cc(なければ水50ccとコンソメキューブ1/6個でもOK)
    砂糖:大さじ1
    水で溶いたコーンスターチ:小さじ1.5(なければ片栗粉を同量)
    おろしにんにく:少量
    おろしりんご:大さじ2

    【作り方】
    1、香味ソースを作ります。
    赤ワインとみりんを煮切り、そこに醤油と砂糖、おろしにんにく、野菜スープを合わせ、沸かします。沸いたらアクを取って下さい。
    そこに水溶きコーンスターチを合わせ、冷まします。
    冷めたらおろしりんごを入れ、一日寝かせます。これで香味ソースの完成です。

    2、熊野牛は常温近くまで戻し、塩・黒胡椒をします。

    4、四面が焼けたら、アルミホイルで巻き、10分ほど休ませます。

    5、休ませておいた熊野牛と、お好みの野菜を炒め、仕上げに香味ソースを適量からませて完成です。

    名称:しょうゆ(本醸造)
    原材料名:黒大豆(国産)、小麦(国産)、食塩(長崎の塩)
    塩分:16.1%
    内容量:200ml
    保存方法:直射日光を避け、常温保存。
    賞味期限:2年

    ※保存料・着色料などは使用しておりません。
    ※国産原料使用。
    ※遺伝子組み換え原料・脱脂加工大豆は使用しておりません。

     

     

    栄養成分表示(100mlあたり)
    エネルギー 115kcal
    たんぱく質 13g
    脂質 0g
    炭水化物 16g
    食塩相当量 16.1g

     



    4.88
    48
    • 購入者
      男性
      投稿日
      基本の醤油にしては贅沢な感じもするけど、豆が違うとここまで違うものかと感心します。
    • 購入者
      和歌山県 60代 男性
      投稿日
      先方より美味しいと連絡頂き高評価頂きました。
    • 購入者
      奈良県 50代 男性
      投稿日
      背の青い魚も白身魚の刺身どちらでも美味しいです。魚本来の味覚をしっかりと味わうこともでき、黒豆の醤油の味も味わうこともでき、非常に美味しく醤油です。

    返品・交換について

    返品をご希望の場合は商品到着後8日以内にE-mailまたはTELにてご連絡ください。
    万一発送中の破損、不手際、あるいはご注文と違う商品が届いた場合は、返送料はこちらが負担いたします。
    ご注文間違い、思っていた感じと違うなど、お客様の理由によるご返品の場合の返送料はお客様負担となります。
    また、お客様ご依頼によるお取り寄せ商品に付きましては、不良品、破損以外の返品はお受けできませんので、ご了承下さい。