金山寺味噌に使用している伝統野菜 「湯浅なす」が紹介されました

2009年から絶滅しかけていた伝統野菜を丸新本家 5代目 新古敏朗が復活させるべく活動。栽培に手間がかかるけれども、金山寺味噌に使用するとその美味しさを発揮してくれる湯浅なす。
阪南大学国際観光学部准教授の渡辺和之さんが伝統野菜の現在、「伝統野菜をどう支えるか?和歌山県湯浅町における湯浅なすの復活」をテーマに、湯浅なすのことを書いてくれています。

湯浅なす復活の取り組みは、伝統野菜の保存活動を、地域の人たちとよそものがともに学び、地域の文化や産物を育成し、消費しながら、ゆるやかに保存する可能性を秘めている。