コラム, テレビで紹介されました, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 海外メディア掲載情報

イタリアのGambero Rosso 湯浅醤油醤油を紹介

Gambero Rosso HD

Sapete come si fa la salsa di soia? Qua si produce una delle migliori del Giappone. Seguite il viaggio di Chef Hirohiko Shoda alle 21:30 su #Sky412

醤油の作り方を知っていますか? これが日本の最高の一つです. 
Chef Hirohiko Shodaの旅をフォローして, 午後21:30時21:30分に#sky412

コラム, 丸新本家からのお知らせ, 新商品の案内

生胡椒しょうゆ 湯浅醤油から限定販売 貴重な16本

限定 12月1日から販売開始!!

生胡椒しょうゆ シリアルナンバー入り(手書き)(笑)

生胡椒の入手量が非常に少ないので 16個の限定商品です。
醤油の中には、たっぷりの生胡椒が入っています!

湯浅本店 限定販売!! (次回、生胡椒が入荷時)

生胡椒がブドウみたいにふさになって入っています。
140g 生山椒30g入り  
1500円(税別)です。

社長ブログに、生胡椒のことが書かれています。
胡椒の木ってこんななんですね!
https://ameblo.jp/yuasasyouyu/entry-12543352801.html

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 新聞・webニュースで紹介されました, 海外メディア掲載情報, 雑誌で紹介されました

中国の山東省のしょうゆ工場を新古社長が訪問したことが記事になりました

醤油の起源の醤(ひしお)の書いた本(斉民要術1500年前の料理書)の故郷の中国の山東省のしょうゆ工場訪問した時の事が記事にもなっていました。

現在の日本の醤油は、この醤が杭州の径山寺と金山寺に伝わり、760年前に和歌山に来ました。金山寺味噌です。味噌のたまりが美味しいと言うことから、改良されて 日本独自の醤油が誕生しました。

それが、湯浅町 醤油の発祥の始まりです。

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ, 新聞・webニュースで紹介されました, 海外メディア掲載情報

香港 ABCクッキングスタジオで湯浅醤油コラボ料理

香港のABCクッキンスタジオx湯浅醤油コラボ
ラーメン作りしました!

【10月Japanese Home Cooking x 湯淺醬油: 手作叉燒拉麵及日式煎餃子】

講起日本料理,相信唔少朋友仔都會第一時間諗起和風拉麵(ラーメン)🍜 同埋香噴噴嘅日式煎餃子(焼き餃子)🥟!不過,大家又有冇諗過自己一手包辦拉麵、湯底及叉燒,喺屋企煮出地道嘅手作叉燒拉麵呢?

喺涼意漸濃嘅10月,ABC Cooking Studio 特意同來自和歌山縣有田郡嘅湯淺醬油合作,善用湯淺醬油引以為傲嘅杉木桶發酵原漿醬油,製作出美味可口、溫暖窩心嘅手作拉麵👍。湯淺醬油所用嘅原材料都係日本國內出產,而當中嘅水更係湯淺地區所出,用傳統大木桶發酵手工醬油製法釀造,大豆滋味自然加倍濃郁🤤!

湯淺醬油用途多樣,不但可以用作製味美味湯底,更可以用嚟燉煮叉燒,味道滿分💯!除此之外,手工醬油更可以成為餃子餡料嘅調味,帶出豚肉嘅鮮味🤩。湯淺醬油咁好用,您仲唔快啲去「好東西」入貨?九龍城同灣仔都有分店架🏃‍♂️!

想一試湯淺醬油嘅滋味,更想體驗一下手作拉麵同餃子?
依家就打電話預約上堂啦 ☎️!去到10月尾就結束架喇!

#ABCCookingStudio #ABCCookingStudioHK #yuasasoysauce #soysauce #yuasasoysauce_abccookingstudio #Cooking #pmq #cityplaza #k11

湯浅醤油 丸新本家 Yuasa Soy Sauce Marushinhonke
[10月japanese家庭料理×スープ醤油: 手作り豚ラーメンと揚げ餃子]

日本料理と言えば, 多くの友達が和風揚げ餃子(団子)の最初のことを考えると信じています. しかし, 家の中でラーメン, スープベース, チャーシューを作ることを考えたことがありますか?

10月にabcクッキングスタジオは, 歌郡のスープ浅い醤油と提携しました. スープ浅い醤油を誇りに思っている中国の松ソースをよく利用して, 美味しく, 暖かく暖かくしています. 手作りラーメン👍. スープ浅い醤油で使用されている原料は日本製で, 水はスープの浅い地域で作られています. 伝統的な大樹樽が発酵した伝統的な大型の樽から作られています. 大豆の味は自然に倍になります🤤!

スープ醤油には様々な用途があり, 美味しいスープを作るだけでなく, チャーシューを完全に味わうこともできます💯! これに加えて, 手作り醤油も餃子詰めのスパイスになり, 新鮮な豚肉の風味を出します🤩. スープ醤油はとても良いです, 商品に入るために”良い もの”に行きますか? 九龍市とwan chaiにはアウトレットがあります🏃 ♂️!

浅い醤油でスープの味を試してみませんか, 手作りラーメンと団子を体験してみませんか?私はちょうど予約をするための予約をするために電話しています☎️! 10月末まで10月末まで!

#ABCCookingStudio#ABCCookingStudioHK#yuasasoysauce#soysauce#yuasasoysauce_abccookingstudio#Cooking#pmq#cityplaza#k11

湯浅醤油 丸新本家 Yuasa Soy Sauce Marushinhonke

コラム, テレビで紹介されました, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ, 海外メディア掲載情報

香港ABC クッキングスタジオで湯浅醤油コラボ料理 PR

香港のABCクッキンスタジオx湯浅醤油コラボ
湯浅醤油有限会社のPRに行ってきました!
いろいろな湯浅醤油、ゆずぽん酢、柚子梅つゆ等、お料理と一緒に試食してもらいました!大好評でした。
香港 k11 F1

ABC Cooking studioのSNS投稿をシェアさせていただきます!

🎊ABC Cooking Studio 六周年Go Green感謝祭日前完滿結束✨!
多謝各位同學嘅踴躍參與~

Janet 老師用柚子梅子味魚露汁煮嘅雜菜蝦仁冷麵,係咪令大家回味無窮呢😋~
其實我哋嘅六週年紀念品裏面都有一支梅子柚子味魚露汁(90ml)㗎! 另外,參與11月份正式課堂嘅會員亦會攞到魚露汁~

ABC Cooking Studio 現正同湯淺醬油合作,除咗喺料理正式課堂用到佢地既杉木桶發酵原漿醬油之外,我哋仲會舉辦 Instagram 料理創作比賽,只要用派發嘅魚露汁創作料理,並於Instagram 投稿,就有機會贏得豐富禮品🎁!活動詳情將於11月正式公佈。

各位料理達人,快啲拉埋朋友一齊參加比賽啦😆~

#ABCCookingStudio #ABCCookingStudioHK #yuasasoysauce #soysauce #yuasasoysauce_abccookingstudio

@yuasa.soysauce.marushinhonke

コラム, テレビで紹介されました, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 海外メディア掲載情報

中国のテレビニュースで湯浅醤油社長 新古敏朗が紹介

中国の山東省の醤油会社に、湯浅醤油(有)社長の新古敏朗が訪問した事が、街のニュースになりました。
湯浅醤油の製造方法が、中国の最古の料理本『斉民要術』をヒントに作ったことが特集されているようです。

コラム, 丸新本家からのお知らせ, 新商品の案内

青山椒しょうゆ 限定販売

丸新本家 湯浅本店 限定販売
湯浅醤油 青山椒醤油
ヨーロッパ3星レストラン御用達の
白しょうゆに生のかんじゃ山椒さんの青ぶどう山椒をたっぷり使用!
シリアルナンバー 入で、販売しました。

山椒の香りがまるでゆずのよう。
ピリッと山椒の辛味がきいた香りの良い醤油になりました。

あっという間に、完売で申し訳ございませんでした。

コラム, 丸新本家からのお知らせ, 新商品の案内

人気の湯浅醤油パンダラベル-丸新本家とれとれ市場店限定でシリーズ化!

たまごかけご飯醤油だけは、パンダラベルを販売していましたが、今年からパンダラベルの湯浅醤油がシリーズで販売開始しています!
パンダラベルの商品はすべて90mlで小さくてとっても人気です。

パンダ醤油シリーズ 白浜のお土産にぴったりで、老若男女問わず売れています。白浜とれとれ市場の丸新本家の限定商品です。

その他、ネットの販売は、とれとれ市場のお店で販売中です。
湯浅醤油 蔵匠 樽仕込み、たまごかけ醤油、柚子梅つゆ、ゆずぽん酢、冷奴醤油の5種類です。

丸新本家 とれとれ市場店
コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 新聞・webニュースで紹介されました

日刊現代に 湯浅醤油の蔵カフェの醤油ソフトクリームが紹介されました

日刊現代に 湯浅醤油の醤油ソフトクリーム掲載されました。
外国人にも人気。ソフトクリームに醤油!湯浅醤油 蔵カフェが紹介!

日本の醤油発祥の地・湯浅は大阪から車で90分ほど。休日には蔵出しの醤油を求めて観光客がどっと押し寄せる。観光の目玉となる湯浅醤油は、蔵見学ができるとあって今や国際的。関空に着いてその足で訪れる人も少なくはない。彼らのお目当ては醤油もさることながらこの蔵で出す湯浅醤油ソフトクリームにあるらしい。タイや中国では、「これを食べるべし」とガイドブックやSNSで紹介されているそうで、蔵見学もせずにこれを求める慌て者もいるくらいだ。

湯浅醤油粗風呂クリームは、醤油蔵に併設する「蔵カフェ」の目玉商品。海南市くろさわ牧場の牛乳を用い、醤油を少し混ぜて作っている。濃厚なミルクと醤油が以外にもマッチしてカラメルのようなコクをもたらしているのだ。「放牧した牛から出る牛乳は、乳脂肪が高い。この濃厚なミルクに当社の醤油『生一本黒豆』が合います」と湯浅醤油の新古敏朗社長が言うように、ソフトクリームに生一本黒豆をさらにかけて食べる人が続出しているようだ。「ソフトクリーム売り場横に醤油を置いていたら、いつのまにかそれをかけて食べ得るスタイルが生まれました」と新古社長。醤油配合のソフトクリームにさらに生一本黒豆を垂らして味わうと、コーヒー系のアクセントになるから不思議である。蔵見学の名物にしようと4年前から提供しているもので、醤油をかけている写真が絵になると、SNSで一気に広まり、今やその光景はアジア諸国に伝播しているらしい。地元のいいもの同士を合わせたのがこのソフトクリーム。相乗効果によって今や湯浅名物にまで発展している。

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 新聞・webニュースで紹介されました, 雑誌で紹介されました

月間事業構想で湯浅醤油のボルドーでの醤油づくりが紹介されました

湯浅醤油 和歌山から世界へ飛び出す

フランスで高級醤油を現地生産

醤油発祥の地・湯浅町には、欧州ミシュランシェフたちから「世界一」と絶賛される醤油職人がいる。

2018年11月、フランスで現地生産を開始し、高級ワインの風味が滲出した醤油で欧州の食文化に強烈なインパクトを与えようとしている。その歩みに追る。

文・嶋田淑之 ジヤーナリスト、産業能率大学兼任教員

text by Hideyuki Shimada

醤油発祥の地に誕生した

革命的醤油

 和歌山県湯浅町は「醤油発祥の地」として今でこそ有名だが、20世紀末には醤油屋の数が5軒を切るほど衰退していた。その状況を決定的に変えたのが1881年創業の調味料製造会社「丸新本家」5代目当主。新古敏朗氏(49)である。

 新古氏は2002年、醤油作りの新たな可能性を追求すべく戦略子会社「湯浅醤油」を創業する。ポイントは2つ。1つ目は、今までになかった革命的な醤油を創出すること。2つ目は醤油作りのプロセスを間近で見学できるようにすることだ。

 前者については、世界最古の料理書「斉民要術」(西暦580年編纂)に立ち返り、そこに記載されていた黒豆で作る醤(ひしお)の製法と湯浅伝統の醤油の製法(=古式製法)を融合させることで、2003年、斬新かつ非常に美味な醤油を創出することに成功する。「生一本黒豆」である。

 醤油に含まれる旨味成分の量を表す全窒素分(%)は、日本の一般的な醤油が1.6であるのに対して「生一本黒豆」は2.4。原材料の面からも従来コスト的に不可能とされてきた「すべて国産」を実現した。「丹波の黒豆」、国産小麦、国産麹菌、長崎県五島灘の海水塩で、添加物は一切なし。仕込みに使う樽も他企業のようなステンレス製ではなく伝統の杉樽を用い、熟成期間も通常の「数力月」ではなく実に1年半に及ぶ。

 一方、後者の「見学」については、解説を聞きながら上記の製造過程を間近で見られる仕組みを作った。

「生一本黒豆」の評判は欧州にも広がり、 ミシュランシェフたちがはるばる湯浅町を訪ね新古氏の醤油を買い付けるようになっていく。「フランス料理」に使うためである。

いち早くインパウンドを推進

 欧州でのニーズの高まりに対応してEU圏への「生一本黒豆」など醤油の輸出を開始した新古氏は、同時に、大阪や名古屋などのバス会社と折衝し、自社を観光バスの立ち寄り先のひとつにしてもらう。「世界一」と絶賛される醤油の製造現場を直に見られるということで「見学」は好評を博すようになったが、新古氏は危機感を抱く。

「日本は少子高齢化が進んでおり市場は縮小し続けている。これからは外国人観光客を積極的に呼び込まないと先がない」

 日本におぃて「地方創生」が本格化する前、新古氏は県内の企業・自治体に先駆けて、ィンバウンド促進を決意した。しかし…

 旅行会社との折衝を通じて、関西国際空港から外国人の団体客に来てもらうようにしたが苦労も多かった。たとえば、ある国の団体のバスが立ち去った直後は、社員総出で「修羅場と化した」トイレの清掃に追われるなど日常茶飯事であった。

 諸外国の人々を迎え入れ続けたこの日々は、新古氏にとって「グローバル戦略の学習過程」でもあった。それを通じて、さまざまな文化・生活習慣に直接触れ、自分たちの醤油にどのような可能性があるか思索を深めることができたからである。

 そうした中、シンガポールでハラル認証を取得し、イスラム圏の国々との関係性が生まれたことは今後の販路拡大につながった。

―級シャトーの

使用済ワイン樽で現地生産

 2011年、東日本大震災後の福島第一原発の放射能問題で、実は、新古氏の醤油の欧州への輸出は途切れていた。日本製品の輸入が制限されたからである。

 2014年にフランスのボルドーを訪問していた新古氏は、通訳を務めてくれた現地在住のワイン醸造家・内田修氏と接する中で、同地での醤油現地生産を思い立つ。

 「日本からフランスに醤油を輸出すると、関税・輸送費・輸出入業者への支払いなどで現地販売価格が日本での3倍になります。それなら現地生産した方が安く提供できると考えたのです」ボルドーといえばワインの世界的名産地であり木樽を使う点では新古氏と同じだ。そこで試しに未使用のワイン樽を入手して醤油を作ってみたところ結果は上々でぁった。

 それを踏まえ、麹菌だけ日本から持参し、他はすべて現地調達して生産を開始することに決めた。日本より厳しい有機認証BIOを取得した大豆と小麦を用い、塩はブルターニュ地方の伝統製法で作られた『ゲランドの塩』。水は現地の良質な軟水を使用する。

 ボルドー郊外のメドックにはシャトー(ワイン醸造所)が7000存在するが、一級シャトーに認定されているのは5つだけであり、そのひとつ「シャトー・ムートン・ロートンルト」のぶどう畑の隣で製造することも決定した。高級醤油としてのブランディングの一環である。

 新古氏が最もこだゎったのは木樽で、現地価格で1本10万円以上する一級シャトーの高級ワインを作るのに使用した樽を入手し、その風味が残ったものを使うことにしたのである。

 すでに2020年春の初出荷に向けて現地での醤油作りを進めているが、湯浅町とは気候が異なるので温度調整など難しい面も少なくない。道具を揃えるのも一苦労で「大豆を炒る作業はパエリア鍋で代用しました」と新古氏は笑う。

YUASAを世界プランドヘ

 ボルドーでの醤油現地生産に関し、新古氏はまだ正式発表をしていない。価格・販売数量・販売方法も決まっておらず、それどころか、どういう味の醤油になるのかもわからないからだ。

しかし、ウワサは瞬く間にEU各国に広まり、各国のミシュランシェフたちからは早くも予約問い合わせが殺到しており、来春の出荷分は完売の見通しだ。

 一方、地元・湯浅町は、新古氏に加え町役場の努力も相俟って2017年のインバウンドは対前年比3633.8%という驚異的な伸び率を示し、2018年も対前年比112.0%を記録するなど明らかな成長軌道に乗っている。

 現地生産を通じて、フランス料理など欧州の食文化により適合する醤油が完成するならば、新古氏はもとより湯浅町の世界的知名度はいっそう高まるだろう。氏にとっても町にとっても初出荷となる2020年は大きな飛躍のチャンスである。注目したい。

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 新聞・webニュースで紹介されました

楽天のWebメディアに湯浅醤油 魯山人が紹介されました!

料理家たちが自宅で愛用する調味料として、湯浅醤油 魯山人を紹介☆

こだわり料理愛好家が常備する「推し調味料」はこれだ! 日々の食卓に刺激をくれるパンチの効いた調味料
「ソレドコ」は楽天市場のWebメディアさんで、湯浅醤油「魯山人」掲載いただきました 。紹介者は、nanoha3様。

nanoha3が書いて下さっているのは、湯浅醤油 魯山人。こんな感じです!

醤油は沼なので、まだあまり探索できていないのですが、現状選んでいるのは湯浅醤油さんの魯山人醤油です。醤油自体の味わいとしては、味が深く旨味が強いです。この醤油自体がかなり美味しく、そして濃さをやや感じさせる強さがあるため、ほどよく強いネタを合わせる必要があります。

和食は繊細だとよく言われますが、実のところ食材を良くすればするほど、味わいが強くなります。例えば回転寿司の海老は、ほんわかとした味わいですが、いい車海老は甲殻のニュアンスをより強く主張しながらも柔らかい味わいです。カルピスを1:4で作るか、1:2で作ってちょっとレモン垂らすかといったような……?

そしていい食材は基本的に味の強さと繊細さを合わせ持つため、そこに調味料の味を調和させる場合は、その調味料にも強さが必要です。いい昆布だしには強めの塩が必要なのと同様に、いいネタには強い醤油が必要です。お鮨屋さんでは煮切り醤油を作っていますが、そこまで手を出せていないのと、十分美味しいのでこの醤油を愛用しています。

いいシャリで鮨を握るとふんわりパラリとした口溶けになるため、醤油皿を使って醤油をつけるとそこで鮨が分解しがちです。そのため、刷毛を使ってネタの上に醤油を塗るのがおすすめです

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 新聞・webニュースで紹介されました, 雑誌で紹介されました

旅色2019 のんびり湯浅の旅の動画も配信中

佐野ひなこさんが旅する湯浅町が紹介されている中、湯浅醤油有限会社も紹介されています。
醤油を絞っているところや、この醤油ソフトクリームはそうですよ~♪
ひなこさん、とってもかわいい!

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 雑誌で紹介されました

旅色2019 のんびり湯浅の旅で湯浅醤油が紹介!(Free雑誌)

旅色 2019年 のんびり湯浅の旅に掲載されました。
今回のナビゲーターは、佐野ひなこ様。
1泊2日の湯浅町の旅で、湯浅醤油の蔵見学と櫂入れ体験をして下さって、醤油や味噌のテイスティングと、醤油ソフトクリーム堪能!

コラム, 丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ

北海道の十勝(折笠農場)でマイ醤油づくり教室します!

北海道十勝 十勝ヒルズにて 無農薬無肥料の自然栽培の原料(折笠農場)で、ペットボトルで簡単に マイ醤油造りを行います。
折笠さんは、あの奇跡のリンゴの木村秋則様のお弟子さんで、北海道の十勝で自然栽培を実践しています。 湯浅醤油有限会社の魯山人醤油は、この原料で造っています。

毎年恒例となった一大行事!
今年は7月6日(土)、7日(日)の2日間。

原料生産者としょうゆ生産者が一緒に行う醤油イベントです。
2者と十勝の思いが詰まった話もさせて頂きます。
是非、参加して、聞いて頂きたいです!

主催:木村秋則自然栽培研究会

コラム, 丸新本家からのお知らせ, 表彰されました

生一本黒豆醤油、今年も「2019年モンドセレクション」最高金賞受賞の報告をいただきました。

「2019年モンドセレクション」受賞の報告をいただきました。
 生一本黒豆醤油、またまた「最高金賞」でした!!

賞品の横に招待状を置き記念写真を撮りました。

2005年にモンドセレクションの存在を知り、弊社の小西が英語の申込書を作成したのが始まりです。

その時は、金賞を受賞しベルギーから招待状が、届きました。

驚きましたが、ベルギーまで遠いのと仕事が忙しいので、行かないことにしていましたが、知り合いに話をしたら、仕事をほってでも行かなあかんと怒られ、モーニングを着ていかなあかんでと言われ、慌てて阪急百貨店に行ったのを思いだします。

当時は、日本人も少なくサントリーさんと一緒に序章式の椅子に座りました。
あのプレミアム・モルツです!

その後、2~3年後にモンドセレクションブームが日本で沸き起こり今は、日本の企業がたくさん参列しています。

2年目以降は、最高金賞を受賞できるようになり、授賞式に定期的に行きました。あれから14年、「生一本黒豆」は、最高金賞を取り続けています。

また、だし入り醤油の最高金賞は、ちょこちょこ有りますが、本醸造の無添加では、他に連続受賞は無く弊社の誇りの賞品です。

ちなみに、今年はローマのバチカンで授賞式が行われます。

コラム, マスコミ掲載情報, 新聞・webニュースで紹介されました, 海外メディア掲載情報

有名ユーチューバーEdho Zell 様が湯浅醤油を紹介してくれました!

Es krim dari kecap asin?? meskipun kedengerannya aneh, tapi ternyata ini jadi pengalaman yang unik loh untuk di sharing. Penasaran rasanya gimnaa? tonton aja video ini sampe habis yaa!!!

『醤油のアイスクリーム?? 奇妙に聞こえますが、共有するためのユニークな体験であることがわかりました。(翻訳)』って書いてあるみたいです。

El さん家族で和歌山に旅行に来てくれたました!
インドネシア語ですが、有名なユーチューバー Edho Zell にご紹介頂きました。湯浅醤油に来て、醤油ソフトクリームを食べ、湯浅町でしらす丼を美味しそうに食べています!

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 展示会情報, 新聞・webニュースで紹介されました, 海外メディア掲載情報

タイ国ラノーン県から、和歌山県の観光促進で湯浅醤油も歓迎して頂きました

和歌山県とタイ国ラノーン県の観光や産業の友好のため現地を訪問
知事、副知事、商工会、企業の代表さん達に歓迎されました。

和歌山県イベントで観光を促進するためにブースに参加していただき、 「ラノーンミネラルウォーターバス」ラノーン – ラノーン副知事Pornthep Phongsri氏ラノーン県副知事のChotirin Kerdsom氏、ラノーン県の赤十字副会長のKanyaporn Phongsri氏と共に政府長地方組織の管理者、公共部門、民間部門、祭りのオープニングに参加する人々 2019年、「ラノーンミネラルウォーターバス」、ラノーン市の多目的ヤードの中央ステージ開会式は壮観でした。

こんな感じで記事にしていただきました。
和歌山県から、中野BC、早和果樹園、湯浅醤油(有)の参加で、アテンドを和歌山ジェトロさんでした。

https://www.77kaoded.com/content/384839…
コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 新聞・webニュースで紹介されました

JB Pressでフランスでの湯浅醤油づくりが紹介されました

醸造はワイン樽、フランスで高級醤油を生産する理由

下記のように、フランスでの湯浅醤油の醤油づくりが記事になりました!



欧州ミシュランシェフたちに“世界一”と絶賛される日本の醤油職人を、以前、本コラムでご紹介した。醤油発祥の地・和歌山県有田郡湯浅町(人口約1万1500人)で1881年に創業した調味料製造会社「丸新本家」の5代目当主・新古敏朗氏(49)だ。

 同氏は、醤油の新たな可能性を追求するために、2002年に丸新本家から醤油部門を分離独立させて戦略子会社「湯浅醤油」を設立。ここを舞台に醤油づくりのイノベーションをなしとげ、『生一本黒豆』『魯山人』をはじめとする逸品を創出して、欧州ミシュランシェフたちがわざわざ湯浅町まで買い付けにくるようになったのである(下記2本の記事参照)。

・「欧州のミシュランシェフが大量買いする醤油」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52233
・「『猛反対』の中で生まれた醤油発祥の地のヒット醤油」
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52351

 これらの記事掲載から約1年、新古氏はフランスやベトナムなどで醤油の現地生産を始めていた。特にフランスでは、すでに高級品としてのブランディングも始まり、初出荷が2020年春で価格や販売数量も未定だというのに、早くもEU各国のミシュランシェフや日本国内から予約の打診が殺到しているという。今回はその姿をご紹介したい。

欧州ミシュランシェフ絶賛の醤油をフランスで現地生産へ

「フランスには醤油を輸出していたのですが、東日本大震災に伴う福島第一原発の放射能問題で日本製品の輸出ができなくなって以降、中断してしまいました。

 その後、2014年にフランスのボルドーを訪れた際、ワインの生産者たちと交流する機会があったのですが、通訳を務めてくれた現地の日本人ワイン醸造家(内田修氏)と一緒に過ごす中で、“ここで醤油をつくるのもアリだな”と思ったのです」と新古氏はいう。・・・・・

新古さん(左)と、内田修さん

樽の内側を焼く
醤油製造小屋に隣接している「シャトー・ムートン・ ロートシルト」のぶどう畑
パエリア鍋で小麦を炒る

コラム, 丸新本家からのお知らせ, 表彰されました

地域未来牽引企業に湯浅醤油が選ばれました!

経済産業省から、湯浅醤油有限会社が 地域未来牽引企業 に選定され、こんな素敵なものを頂きました!

経済産業省のHPを見ると、 「地域未来牽引企業」は、地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の事業者等に対する経済的波及効果を及ぼすことにより地域の経済成長を力強く牽引する事業を更に積極的に展開されること、または、今後取り組まれることが期待される企業ということらしいです。

「醤油発症の地 湯浅町」で国内外にも湯浅醤油を知ってもらう為に、蔵見学や、学校への出前授業、インバウンドにも力を入れ事業を展開していることが評価されたようです。

http://www.meti.go.jp/…/chiiki_kenin_ki…/06_kinnki/30042.pdf


コラム, テレビで紹介されました, マスコミ掲載情報

関テレ8 NMBとまなぶくんで『燻ししょうゆ』が紹介

2018年10月26日 関西テレビの『NMBとまなぶくん』
毎週金曜日 深夜0:55~1:25 で
湯浅醤油 燻ししょうゆが紹介されました。

この日のテーマは、『新米をおいしく食べよう!極上ごはんの魅力』
芸能界のお米博士・大桃美代子先生から、新米の季節にぴったりな「お米」をまなびます!
まずは、今が旬!新米の季節に食べたい!ごはんの名店を紹介!!

その後、大桃先生が選ぶ!絶品ごはんのお供BEST3を発表!
お取り寄せもできる!日本全国から厳選したご飯のお供に舌鼓!!

この中のBEST2で湯浅醤油使用の燻製しょうゆ『燻ししょうゆ』が紹介。

NMBのあんちゅ(石塚朱莉)さんが
たまごかけご飯にかけて、大絶賛してくれました。

副担任のかまいたちの濱家さんも、醤油をひとなめして、
『うんま!』と絶叫してくれてました!

燻ししょうゆのページはこちら
https://www.marushinhonke.com/SHOP/57953/126618/list.html

NMBとまなぶくんの番組HPはこちら
https://www.ktv.jp/manabu/

コラム, テレビで紹介されました, マスコミ掲載情報

テレビ和歌山 わくわく編集部で湯浅醤油・丸新本家が紹介

テレビ和歌山 みんなで作る和歌山情報
わくわく編集部で湯浅町が9月28日と10月5日と
2週にわたり紹介され、湯浅醤油が紹介されました。

安田大サーカスヒロちゃん、漫画家のマエオカテツヤさんが取材で、来てくれました。

 

コラム, テレビで紹介されました, マスコミ掲載情報, 海外メディア掲載情報

オランダの人気番組 Keuringsdienst van Waarde で湯浅醤油 生一本黒豆が紹介

オランダの人気テレビ番組『Keuringsdienst van Waarde』で
湯浅醤油 生一本黒豆醤油と醤油蔵が2018年10月4日に紹介されました。

この番組は、食品や他の消費者製品の生産について調査をしたり、
検査をして安全性について調べて真相をあばくような内容らしいです。

今回は、世界中の醤油について調べ、湯浅醤油が本物と証明されたようです。
この後、お問い合わせや注文がオランダからたくさん頂きました!

番組の内容はこちら↓
https://www.npo3.nl/keuringsdienst-van-waarde/04-10-2018/KN_1701392

KEURINGSDIENST VAN WAARDE

SOJASAUS

DATUM UITZENDING: DO 4 OKT 2018 20:25

Massaal dopen we onze sushi, sashimi en rauwe vis in een zwart en vloeibaar goedje, beter bekend als sojasaus. Maar de ene sojasaus is de andere niet.

コラム, 企業コラボ

ローソンのおにぎり 湯浅醤油 焼おにぎり(関西限定発売)

2018年10月、関西限定でコンビニ・ローソンで
湯浅醤油 樽仕込み 丸大豆醤油使用 焼きおにぎりが発売されました。

湯浅醤油使用 ローソン焼おにぎり

このおにぎりに使用している醤油は、『湯浅醤油 蔵匠 樽仕込み』、
国産の丸大豆を使用し、杉樽で1年半じっくりと熟成させた濃厚な
香り高い醤油です。おにぎりになっても、しっかりした味で

おにぎりになっても、しっかりした醤油味!ローソン様では、関西限定でスポットで発売して
頂いています。人気商品なので、昨年も延長延長で、結構長く販売して頂きました!
関西のローソンさんで、是非、見つけて下さいね!

コラム, 展示会情報

ツーリズムEXPOジャパン2018(東京ビッグサイト)に出店

2018年9月20~23日、東京ビッグサイトのツーリズムEXPOジャパンに
湯浅醤油有限会社では、体験蔵見学とイスラム向けハラル醤油を紹介する為出店。
4日間で来場者数は207,352人と発表されていました。

来年の「ツーリズムEXPOジャパン2019」は2019年10月24日(木)~27日(日)の4日間
インテックス大阪にて開催予定だそうです。

コラム, マスコミ掲載情報, 新聞・webニュースで紹介されました, 雑誌で紹介されました

帝国データバンクの雑誌に湯浅醤油有限会社が掲載

2018年9月6日発行
帝国データバンクが発行する雑誌 『TDB TEIKOKU NEWS daily』の
コーナー、ビジネスランチャー【第288回】で湯浅醤油有限会社が 掲載されました。

「世界一の醤油」作りにチャレンジしている湯浅醤油(有)を取り上げたいという事で、取材して頂きました。
5代目 新古敏朗が醤油事業を立ち上げた時の話、また、色々な試みをしていることなども紹介。
取材が、少し違う視線から見て書いてくれています。

コラム, マスコミ掲載情報, 雑誌で紹介されました

発酵食文化伝承人・伏木暢顕様(発酵王子)が湯浅醤油を紹介☆

2018年8月30日発売
男の隠れ家別冊 『医師が勧める カラダが喜ぶ正しい食べ方』に掲載。

発酵食という"旨味の美学"
古来、日本人は発酵食を積極的に取り入れてきた。
健康をもたらし、美味でもあるからだが、現在はどうか。
専門家である伏木暢顕様に発酵食の現状について聞いた!の中で、
湯浅醤油有限会社の蔵職人が日本の発酵文化を守る人々で紹介されています。

発酵文化伝承人ってどんな仕事してるの?

伏木さんは日本の発酵食文化の伝承人を自認する。
人と文化を発酵を通じての地域活性化を図ると共に、昔ながらの天然醸造を続ける
蔵の存続に力を注ぎ、イタリア、スペイン、フランスなど世界に発酵の魅力を伝えている。

 

コラム, 展示会情報, 海外メディア掲載情報

香港FOOD EXPO 2018

2018年8月16日~20日 香港フードエクスポ(香港フーデックス)に出店しました。

壇上で、香港の超有名中華料理シェフ
中国 特級厨師 尹達剛 Wan Tat Kongワン・タッコン氏(左から2番目)による
湯浅醤油を使用した料理のデモンストレーションがあり、商品説明もしました!

湯浅醤油を、大変気に入ってくださり、最高の醤油とお褒めの言葉を頂きました!

このシェフは、日本、台湾、香港で数多くの料理本を出版され、
香港のテレビ、ラジオでも数多く出演される有名人で、
1988年には、中華料理調理師の最高位につき、2018年度には、外務大臣表彰を受賞されています。