Japan Launches World’s First Chocolate Soy Sauce

Japanese company Yuasa Soy Sauce Ltd. worked with chocolate company Tomoé Saveur Co., Ltd. and has recently announced the world’s first chocolate soy sauce: Cacao Jang.

The company’s soy sauce division resides in the small town of Yuasa, the birthplace of soy sauce in Japan.

日本の湯浅醤油株式会社は、チョコレート会社のトモエ・サヴェール株式会社と提携し、最近、世界初のチョコレート醤油であるカカオジャンを発表しました

同社の醤油部門は、日本の醤油発祥の地である湯浅の小さな町にあります。

Cacao Jang is a combination of roasted cacao beans soaked in Yuasa Soy Sauce. The taste is, as expected, a combination of chocolate and soy sauce.
カカオチャンは、湯浅醤油に浸したカカオ豆の焙煎を組み合わせたものです。味はさすがチョコレートと醤油の組み合わせ。

It comes in two types: paste and grain.
ペーストとグレインの2種類があります。

Cacao Jang can be used for poultry dishes like duck or chicken, fish, or even curry dishes.
カカオチャンは、アヒルやチキン、魚などの鶏肉料理、さらにはカレー料理にも使用できます。

140g Cacao Jang glass jars are priced at 1,620 JPY (~$15.66 USD) for both the paste and grain types. If you reside in Japan, you can order and visit their product page here.
140gのカカオジャンガラスジャーの価格は、ペーストタイプとグレインタイプの両方で1,620円(〜$ 15.66 USD)です。日本にお住まいの場合は、こちらの製品ページ注文してアクセスできます

https://9gag.com/gag/aGpwZwz?fbclid=IwAR3fXMiPp0bNwI4fM0QfCBhSUJzKzUQPxYaktolkM7yqHSaMzYHtxcBTHD0