マスコミ掲載情報, 雑誌で紹介されました

「Hakko Times」万田酵素様発行の情報誌に新古敏朗のインタビューが掲載されました

万田酵素株式会社様発行の「Hakko Times」vol.4「発酵を知り、健康を知る人。発酵PEOPLE」に掲載していただきました。

≪以下本文≫

発酵という食文化の奥深さを世界へ広めたい 丸新本家株式会社五代目当主 湯浅醤油有限会社代表取締役社長 新古敏朗さん

「発酵を知り、健康を知る人」にお話を伺う連載。第四回は、醤油発祥の地の1つである和歌山県湯浅町で古来からの醤油造りを復活させた新古敏朗さんです。発酵食品の魅力やこだわりをたっぷり伺いました。(取材:万田発酵会報誌編集チーム)

「手間暇を惜しまず味と発酵の力を追求」

時は鎌倉時代。中国から禅僧が持ち帰った製法で作られた「金山寺味噌」の‟溜まり”として、和歌山・湯浅地方に醤油が誕生します。明治時代から、この「金山寺味噌」と醤油の製造を手がける丸新本家の五代目当主が、新古敏朗さんです。「弊社では、国産大豆、小麦、塩などシンプルな素材を使い、昔ながらの製法で醤油を造っています。基本の流れとしては、まず大豆をじっくり茹で、炒り割小麦を混ぜ、麹菌をかけて、1年半以上に渡って杉樽で発酵・熟成していきます。現代の製法では、大豆を一気に加圧するのが一般的ですが、そうすると、時短はできても大豆の組織を壊してしまいます。同じ理由から塩も、高温で海水を炊く塩ではなく、塩田のように低温で時間をかけて結晶化する低温結晶塩を使っています。このような製法は時間がかかり、大量生産には不向きですが、素材の味わいを損ねることがありません。私達は試行錯誤を重ねる中で、こうやって一つ一つの素材に手間暇をかける古来からの製法を守ることで、微生物が正しく働き、おいしさと発酵の力を引き出してくれることに気が付いたのです」。また、湯浅醤油は、大豆の煮汁も余すことなく醤油造りに使っています。通常は捨てられてしまいますが、元々、煮汁には大豆の栄養と滋味が溶け出していて、非常に甘くておいしいもの。「それを捨ててしまうなんて、もったいない!ごみを出さずに素材を使い切る、環境への配慮にもつながっています」と新古さん。こういった想いは、同じ発酵食品である万田酵素と、共通する部分です。

「おいしさは数値に現れる!発酵食品の可能性も追及」

手間暇をかける効果は、数値としても現れています。例えば、濃口醤油の一種「魯山人」を計測してみると、一般的な濃口醤油と比べて色が濃く、乳酸、アミノ酸窒素の値も飛び抜けて高い一方、塩分は低い値に。味わってみると、発酵の旨味とコクがしっかり感じられ、それをキレのある酸味が下支えするバランスのいい風味に仕上がっています。新古さんは「魯山人」について、「おそらく濃口醤油の分野では、どこにも負けない味わいだと自負しています」と自信を覗かせます。また湯浅醤油では、これまで明かされて来なかった、発酵食品の健康への作用も東京農業大学と共同研究しており、さらなる発酵食品の可能性も追及しています。「日本独自の発酵食文化をフランスから世界中へ」日本独自の発酵食文化を海外に伝える活動にも積極的に取り組んでいます。例えば仏・ボルドーでは、老舗ワイナリーの協力を得て、現地での醤油造りに挑戦中。近い将来、発酵食レストランをオープンし、ミシュランの星獲得も狙っているといいます。「フランスでは今『MANGA(漫画)』のように発酵食も『HAKKO』として知られるようになり、その奥深さや味わいへの注目が高まりつつあります。2024年に『パリ五輪』が予定されていることもあり、フランスでの醤油造りが成功すれば、そこから世界の国々へ情報が巡っていくのではないかと考えているのです。試供品としてお渡しした醤油で作った料理を食べたフランス人の方からは『こんなおいしいものを生まれて初めて食べた』というお声もいただきました。味噌を使った西京漬けに感動して下さった方もいます。聞けば、フランスにはそういった『漬け込む』調理法があまりないのだとか。こんなふうに、発酵食品の使い方やおいしさを広く伝えていきたいですね。また、海外には、さまざまな視点で発酵をとらえ、研究されている方も多くいらっしゃいます。伝統的な方法を守る日本人には無い発想で発酵を捉えるため興味深く、発酵の可能性を感じます。今後も世界に発酵の良さの発信を続け、そういった方と一緒に新しいものを生み出すチャレンジをしていきたいと考えています。」

「醤油発祥の歴史と文化を次世代を担う子供達へ」

世界を視野に入れる新古さんですが、地元湯浅町の小学校での食育にも積極歴に取り組んでいます。そのきっかけは、新古さん自身が高校を卒業するまで、湯浅町が醤油の発祥の地であると知らなかったのだとか。「親からも学校教育でも教えてもらわなかったので、これは地域にとって大きな損失ではないかと思ったんです。それで、2005年から小学校を回り、ペットボトルで1年かけて『マイ醤油』を造ってもらう授業を始めました。ペットボトルは透明ですから、発酵・熟成の様子をよく観察して、最後は完成した醤油を味わっていただきます。今では毎年定番になっていて、子供達も湯浅町が醤油発祥の地であるということを認識してくれるようになりました。その歴史は地域の誇りですし、将来的に子供達が地元に戻って、醤油や味噌造りに関わることにつながれば、こんなにうれしいことはありません。」と笑顔で話されました。このほか、地元での活動として、日本一の産地として知られる紀州の南高梅の梅酢や、シラスを炊く際の出汁を、自社の発酵技術で商品化する基礎研究もスタートされているそうです。

「古式製法」の醤油ができるまで

昔ながらの醤油造りを復活させた、「古式製法」と呼ばれる湯浅醤油での醤油の基本的な作り方をご紹介します。

1.大豆を茹でる 一般的に醤油の仕込みでは大豆を蒸すが、湯浅醤油では約4時間、大釜でじっくりと煮込む。この工程が「古式製法」と呼ばれる所以となっている。

2.もろみにして熟成 1の大豆に炒り割小麦を混ぜ、麹菌をかけて室(むろ)で3日間寝かせる。その後、大豆の茹で汁に五島灘の塩を混ぜ、麹と合わせて杉樽に仕込む。この状態を「もろみ」といい、定期的に櫂入れし、酸素を送って1年半以上熟成させる。

3.もろみを搾る 熟成後のもろみをきめ細かい生地に染みこませ、機械を使って圧力を徐々にかけ、生醤油を搾っていく。3~4日かけてゆっくり絞ることで、昔ながらの味わいが損なわれないという。

4.オリおろし完成 生醤油を桶に入れ、約1ヵ月間オリ(沈殿物)がおりるのを自然に待つ。その間、オリのない上部の醤油だけを取り出して火入れ。火入れした醤油は約2週間置いてオリを沈めて澄んだ状態にした後冷やし、瓶に入れて完成。

「万田酵素は本能的に体にいいものという実感」

そんな新古さんに万田酵素を召し上がっていただいたところ、「濃厚な甘さや渋さ、様々な素材の風味が一度に感じられて驚きました。どこか本能的に‟体にいいものなんだ゛という実感があります。味にはうるさい弊社の従業員達にも試してもらったのですが、みんな喜んで食べていましたよ」という好評価をいただきました。実は、同じ発酵食品メーカーということで、万田酵素にも以前から興味を持っていただいており、因島の「HAKKOパーク」にも訪れたことがあるのだとか。新古さんの発酵への探求心には驚くばかりです。今回も、発酵食品の魅力や奥深さ、そして未来が感じられる貴重なお話でした。湯浅醤油では、こだわりの製法で造り上げられる醤油や「金山寺味噌」が購入できるほか、醤油蔵の見学や醤油造りのワークショップなども体験できます。ぜひ機会があれば、訪れてみてはいかがでしょうか。

蔵見学・ワークショップのご予約はこちらから

マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 新聞・webニュースで紹介されました

パラリンピック卓球男子 岩渕幸洋選手を湯浅醤油㈲が食支援します

この度、湯浅醤油㈲は東京パラリンピックの日本選手団旗手を務めた岩渕幸洋選手を食支援を通じて応援させていただくことになりました。

2022年9月25日には、東京帝国ホテルでパリ五輪金メダルに向けて壮行会が行われ新古も出席いたしました。

そちらの様子を和歌山特報にも掲載されました。

岩渕幸洋選手 湯浅醤油

≪以下本文掲載≫

湯浅醤油が応援、めざせパリ五輪金メダル!

東京五輪パラリンピックの日本選手団旗手を務めた、岩渕幸洋選手(パラ卓球男子)がパリ五輪金メダルに向け、9月25日東京帝国ホテルで壮行会を行った。

東京五輪ではメダルを目指したが敗退。今回、新体制でパリ五輪を目指す岩渕選手の身体づくりのため、湯浅町の丸新本家湯浅醤油㈲(新古社長)が食支援で参加する。

新古社長は以前から岩渕選手の新しいマネジメント企業と交流があり、今回の食支援となった。岩渕選手の金メダル目指し、身体にいいおいしい食事をサポート。同社自慢の農薬肥料不使用の「魯山人醤油」などで食支援を行っていく。

壮行会には新古社長も出席。ユニフォームやパネルに湯浅醤油のロゴが入り、醤油発祥の地である「湯浅醤油」を世界に発信できるチャンス!と地元で期待を集めている。

「まさかオリンピックに関係するとは思いもよりませんでしたが、岩渕選手がパリ五輪の切符をつかみ、活躍することを願い応援したいです!」と新古社長さん。


今回、岩渕選手には魯山人醤油を贈りました。これを筆頭に湯浅醤油㈲の醤油で支援していきます。

魯山人醤油は、添加物を一切加えず、有機大豆・有機スペルト小麦・無肥料自然栽培米ゆめぴりか・長崎五島灘の塩のみを原料に使ったお醤油。お米の甘味が感じられ、醤油独特の辛さは下に残らずパッと消える。素材の味を引き立たせるので、淡白な素材によく合います。こちらからお買い求めいただけます。

魯山人醤油 湯浅醤油

壮行会の様子は、新古がこちらのブログにまとめております。東京オリンピック パラ旗手の岩渕幸洋、24年パリ大会再挑戦 湯浅醤油(有)が食支援します。 | 世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ (ameblo.jp) 

Yahoo!ニュースにも取り上げられました。東京パラ旗手の岩渕幸洋、24年パリ大会再挑戦へ「パラスポーツを文化として発信したい」(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

これからの岩渕幸洋選手の活躍を願いながら食支援させていただきます。よろしくお願いいたします。

マスコミ掲載情報, 雑誌で紹介されました

湯浅醤油 樽仕込み使用ラーメン バードマン和歌山店

ゴルフ情報誌「GOLF&GOLF」10月号“関西味めぐり”のページに

湯浅醤油㈲の「樽仕込み」を使用してくださっているラーメン屋、バードマン和歌山店様が紹介されました。

GOLF&GOLF 湯浅醬油
和歌山ラーメン バードマン 湯浅醬油

≪以下本文掲載≫

和歌山はラーメンが名物。街では中華そばと呼ぶが、醤油ベースの豚骨醤油味と豚骨ベースの豚骨醤油味が一般的な味である。

そんな和歌山ラーメンに対抗するかのように昨夏オープンした「バードマン」が、今ラーメン通の間で話題となっている。「バードマン」は、中村正志さんがラーメン好きが嵩じて御坊で開いた店で、鶏白湯スープのラーメン(「濃厚鶏SOBA」)で人気を博した。

中村さん自身、どこかの店で修行したわけではなく独学で追及したラーメンを出している。ただ、親戚に鶏肉店があり、従兄弟からいい鶏肉が回って来るのを武器にしてラーメンスープを開発したそう。

和歌山店のラーメンは、御坊店のような鶏白湯ではなく、清湯系で。中村さんによると、「清湯スープは、シンプルなだけにより難しい」らしい。

和歌山店では、上品な味のスープを作ろうと思い、青森シャモロックを使用した。この丸鶏をメインにして紀州鶏のガラやモミジも加えながらあっさりめのスープを完成させている。

「青森シャモロックの腹を抜いて肉がついたまま寸胴鍋で、肉がホロホロになるまで炊きます。和歌山らしさも追及するために紀州鶏の鶏ガラやモミジも入れて炊くんですよ」と話す。

こうしてできたスープは、「バードマン」らしい独自性のあるものに。ここに、これまた和歌山らしい湯浅醤油の「樽仕込み」が加わり、個性的な味となる。

鶏清湯スープの「軍鶏ロック中華そば」(900円)は、和歌山店の看板メニューになってラーメンファンのみならず多くの層から高い支持を得ているのだ。

同店のメニューは、他に「特製軍鶏ロック」(1,100円)「トリュフ軍鶏ロック」「貝出汁軍鶏ロック」とシンプル。時折り、中村さんのチャレンジメニューが加わるぐらいで、その潔さからも自信の程が窺える。


是非和歌山市内に行かれた際は召し上がってみてください。

樽仕込み 湯浅醤油

使用してくださっている「樽仕込み」は、国産の大豆・小麦・塩のみで1年半の熟成期間を経て出来上がる湯浅醤油㈲の基本となるお醤油です。

お刺身につけるのはもちろんお料理全般に使っていただける万能なお醤油です。是非一度、ご賞味ください。

お求めはこちらから。

湯浅醤油 蔵匠 樽仕込み200ml大豆の旨み・コクを引き出す【古式製法】お刺身・納豆に | 湯浅醤油・金山寺味噌・生米麹の丸新本家 (marushinhonke.com)

マスコミ掲載情報, 新聞・webニュースで紹介されました

【柚子梅つゆ 】和歌山特報に掲載されました

湯浅醤油柚子梅つゆ

≪本文掲載≫暑い夏にぴったり!ゆずの香りと梅酢のさっぱり感がおいしい濃縮めんつゆ「柚子梅つゆ」。そうめん、サラダ、パスタ、冷しゃぶ、冷ややっこにもぴったり。和歌山産のゆずと南高梅、白しょう油を使用、和歌山のうまいもんがギュッと詰まった麺つゆ。暑い夏、さっぱり爽やかで食欲をそそる。湯浅町の「湯浅醤油㈲」が販売。


夏のおすすめ「柚子梅つゆ」が和歌山特報に掲載されました。ゆず果汁、南高梅を漬けた梅酢、実は和歌山が発祥の鰹節!和歌山の名産を「白搾り」にブレンドして出来上がったこの一本。梅酢を使用しているので酸っぱすぎなくて梅が苦手な方でも大丈夫です。夏の暑い時期にもサラッとお召し上がりいただけます。

3倍濃縮のため、薄めて素麺やうどんのつゆに。素麺は、ゆずの香りと梅酢のさっぱり感を味わうためにも薬味は必要ありません。入れるなら大葉やミョウガがおすすめです。また、そのまま冷奴や冷しゃぶにも使える汎用性の高い商品です。

おためしくださいませ。湯浅醤油 濃縮 柚子梅つゆ 200mlあのつゆ坂上&指原のつぶれない店でも大好評!めんつゆ | 湯浅醤油・金山寺味噌・生米麹の丸新本家 (marushinhonke.com)

マスコミ掲載情報, 新聞・webニュースで紹介されました

日本食糧新聞に新古敏朗のインタビュー記事が掲載されました

湯浅醤油新古敏朗記事

≪以下本文≫

湯浅醤油の新古敏朗社長とリモートで面談する機会を得た。日本の醤油発祥の地、和歌山県湯浅町で味噌・醤油業を営む。明治、大正、昭和を生きた美食家・北大路魯山人の名を冠す「魯山人醤油」(限定販売)の開発でも知られる。

湯浅醤油魯山人

パソコン画面越しの初対面、氏が最初に口にしたのは、湯浅町に観光バスが戻ってこない実情。湯浅醤油の売上の多くは観光客がもたらす。1日平均5~6台がようやく1日1台となったが旅行会社の支店はなくなった。募集型といわれる乗り合いの観光バスはいまだビジネスとして成立していないのだ。

フランスでは東京ドーム二つ分のワイナリーを確保して醤油造りの足場を得た。年末年始には醤油ブルワリーレストランを開業して現地製造の湯浅醤油をデビューさせる。

“最高”に挑戦する。次はニューヨーク。経済・情報の最先端であるニューヨークで日本人が醤油を造る構想だ。地元・湯浅町に生きるが、舞台は世界にある。(川崎博之)

湯浅醤油 魯山人醤油 2022奇跡の大豆・小麦から生まれた奇跡の醤油!【本数限定】 スペルト小麦使用 (marushinhonke.com)

マスコミ掲載情報, 新聞・webニュースで紹介されました

【蔵カフェ】醤油ソフトクリームがLIVING和歌山“自家製ソフトクリーム特集”に掲載

LIVING和歌山ソフトクリーム特集
和歌山ソフトクリーム湯浅醤油ソフト

和歌山リビング新聞社が発行している地域生活情報誌「LIVING」2022年6月4日号では、和歌山県内で食べられる”自家製ソフトクリーム”が特集されました。蔵カフェで提供している醤油ソフトクリームも掲載されました。

≪本文掲載≫湯浅醤油ソフトクリーム400円(湯浅醤油 蔵カフェ)同店の濃口醤油「生一本黒豆醤油」が、黒沢牧場のソフトクリームとコラボレーション!丹波黒豆を使用し、じっくり2年間熟成された深い味わいの醤油とクリーミーなミルクが合わさり、甘辛いキャラメルのようなテイストに。もっと醤油を楽しみたい!というあなたには、”追い醤油”で、みたらし風味を楽しんで。


是非、和歌山県・湯浅町にお越しの際は蔵カフェにお立ち寄り頂き、ここだけでしか味わえない味をごゆっくりご堪能ください。

蔵見学や、マイ醤油づくり体験、櫂入れ体験も実施中です。こちらからお問い合わせください。

九曜蔵の一覧を見る | 湯浅醤油有限会社|世界一の醤油をつくりたい (yuasasyouyu.co.jp)

マスコミ掲載情報, 雑誌で紹介されました

「ORA」に海中熟成醬油について掲載されました

ORA 湯浅醤油 外食産業

一般社団法人、大阪外食産業協会の機関誌である「ORA -Osaka Restaurant Management Association-)に海中熟成醤油についての記事が掲載されました。

外食コラム曽我和弘 海中熟成醤油

エッ!醤油を海に沈めるって?!湯浅醤油・新古敏朗が試みた海中貯蔵の成果とは…

「変態の20則」(プレジデント社)なる本が話題を呼んでいる。著者の嶋田淑之さんが湯浅醤油の新古敏朗社長を取材し、上梓したもので、彼の経営哲学的な話が綴られている。ここでいう変態とは、これまでになかった方法で取り組む変革者の姿勢を指す。つまり変能的物造りを行う、一見風変わりな発想者のことである。私は新古さんとつきあいが永いが、実にユニークで、昨年はバレンタインデーを見越してカカオを使って醤油を造り、「カカオ醤」なる商品を生み出した。これが1月の発売日にほとんど売れるほどのヒットを飛ばした。世界初のカカオ醤油としてマスコミを賑わしたのだ。

先日、新古さんが当社に持って来た醤油がこれまた面白い。「新たな試み」と話してはいたが、醤油瓶は傷々で、どうみても古いように見える。彼の話では、造った醤油を瓶に詰め、海の中で半年間熟成したのだそう。「一見、傷に見えるのは、実は微生物なんです。海の中に置いていたから瓶にそれが付着。よく見たらフジツボや貝も付いているでしょ」と言っていた。きっかけは、映画「海難1890」で描かれたトルコ船・エルトゥールル号の座礁による出来事にあるらしい。これは1890年に起こった海難事件で、台風により同船が紀伊大島沖で座礁。村民達が台風の最中、総出で乗組員を救助した話である。串本市では、映画公開もあってからそれに関するイベントも行っており、昨年その式典の際にタイムカプセル的思いもあって酒や醤油など色んな商品をコンテナに詰めて海中へ沈めたのだ。その一部が半年経って引き上げられた。当社に持って来たものがその時の醤油瓶だという。新古さんは、串本の漁協の人から海中へ商品を沈める話を聞き、変態的思考がムクムクと頭をもたげた。「地上で貯蔵するのとどう変わるのだろうか」と試してみたかったそうだ。海中では温度が変わりにくく、低温で熟成できる。そして光もあまり入らないし、酸素がないから酸化しないはずだと考えた。半年経って引き上げて来た10本の醤油を味見してびっくりしたと言う。「本来なら日が経てばどんなものでも劣化するはずですが、コレは沈めた時のフレッシュさが保たれているんです」と海中貯蔵の意外性を語っていた。

新古さんは、これとは別に昨秋、湯浅湾内でも同様の試みを行っている。串本の式典では同社のスタンダード品「樽仕込み」を沈めていたが、湯浅湾では木樽に「魯山人」「樽仕込み」「生一本黒豆」「九曜むらさき」の四商品詰めて商品ごとの熟成度を調べるのを目的とした。知り合いの漁師に船を出してもらい、湾内で10mの深さまで木箱を落とした。コンテナと違い、木箱だとどうしても浮きがちなのでアンカーを付けて沈めたという。そして浮きを付けることで目印としたのだ。「実は以前から海中貯蔵を試したいと考えていたんです。串本の式典がいいきっかけとなりました」。湯浅醤油独自でも試したかったので再度挑戦したようだ。湯浅湾でのそれは一年後になる今年の秋に引き上げる予定に。それとは別に最もピュアな醤油「魯山人」だけを沈めて一年後に引き上げ、それをコアな商品として売り出す計画もあるのだとか、ないのだとか…。

「昔、沈んだ船から積み荷のワインが出て来て、百年経ったものを飲んだとの話があります。海中では低温貯蔵しているのと同じなので劣化しにくいのでしょう。当初、私は味が変わると思っていたのですが、半年経ってもフレッシュなのには驚きました。こんな面白い効果が出るなら「魯山人」醤油を沈めていずれそれを商品化できるのではとワクワクしています」と言う。この話を聞き、私は海中貯蔵の「魯山人」醤油をいかに発売したら面白いかと思った。料理人に使わせるとどんな感想を述べるだろうかとも、その時のマスコミ向け発表をいかに企画してやろうかとも考えてみた。初の試みというのは、人をワクワクさせる。これが新古さんがいう”変態”的モノづくりの魅力なのだろう。

マスコミ掲載情報

学習教材「食べ物のひみつを教えます 大豆・米」に掲載されました

食べ物のひみつを教えます大豆米 湯浅醤油

金の星社より出版されました「食べ物のひみつを教えます 大豆・米」に弊社の蔵内の写真が掲載されました。

光村図書の小学校3年国語教科書で「食べ物のひみつを教えます」を学習するそうです。その単元の理解をさらに深め、探究的な学習に最適なシリーズとして展開している本だそうです。

以下のページは大豆が様々な加工方法で姿かたちを変えているのかが分かりやすくまとめられています。

大豆の食べ物 加工方法

そして、P.16~17では醤油について記載されています。製造過程の写真に弊社を掲載していただきました。

このような学習教材に使用していただけるのはとてもうれしいです。実際に蔵の見学をしていただけます。見学は無料です。その他、【櫂入れ体験】や【マイ醤油づくり体験】もございます。

事前予約はこちらからお問い合わせください。工場見学 | 湯浅醤油有限会社|世界一の醤油をつくりたい (yuasasyouyu.co.jp)

マスコミ掲載情報, 新聞・webニュースで紹介されました

【海中熟成醤油】和歌山特報に掲載されました

醤油を海に沈めて熟成させる海中熟成醤油事業について和歌山特報さんにて掲載されました。

湯浅醤油 海中熟成醤油 

≪以下本文≫

湯浅しょう油 海底で熟成しよら――どんな旨味と出会えるかワクワク

海中熟成しょう油――またまたおもしろい挑戦が始まった!アイディアマンで知られる湯浅町の「湯浅醤油㈲」新古敏朗社長53、今度は海の中で湯浅醤油を熟成させよら!とまたまたおもろい挑戦を始めた。

すでに昨秋、海底に湯浅しょう油を沈め、ことし3月に引き揚げている。

この海中熟成しょう油の第1弾は昨年9月16日、串本町で行われたトルコ軍艦「エルトゥールル号」の遭難追悼式典で串本沖に地酒と一緒に湯浅醤油を沈めた。

それから半年経った3月、海底から初めて引き揚げた。瓶には貝がいくつもはり付いている。酸素に触れず一定の温度の水中でじっくり熟成された湯浅しょう油は「フレッシュ極まりない美味しさ!」と新古社長が驚き感動。


第1弾 エルトゥールル号遭難事件、記念式典での様子をまとめた新古敏朗ブログです。海中熟成醤油 ! 串本の海 | 世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ (ameblo.jp)

湯浅醤油 海中熟成醤油
[新古敏朗ブログより]

第2弾は昨年10月、地元漁師の協力で湯浅湾の海中に沈めた。こちらは1年間熟成させる予定。


第2弾 湯浅湾に沈めた時の様子をまとめた新古敏朗ブログです。海中醤油 (醤油を海に沈める)業界初!? | 世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社 社長 新古敏朗のブログ (ameblo.jp)

沈めた様子を記録したYouTubeもこちらからご覧ください。


引き続き第3弾は、地元湯浅沖で行う予定。今度は最高級の湯浅醤油「魯山人」など300本と、木樽入りの醤油80㍑を海底に眠らせる。最高級・魯山人や樽仕込み湯浅しょう油が海底の微生物と反応して、じっくりと時間をかけ熟成されていく…一体どんな旨味に出会えるのか、期待が高まる。

この海中熟成しょう油の発売は今のところまだ未定だが、是非味わってみたい!なんだかワクワクする話題。

マスコミ掲載情報, 企業コラボ, 雑誌で紹介されました

カカオ醤が「地上2022年5月号」に掲載されました

カカオ醤湯浅醬油USA

JAグループ家の光協会が出版している「地上2022年5月号」の加工品見聞録のページにカカオ醤が掲載されました。

調味料カカオ醤
≪以下本文掲載≫

世界をシェアに、多様な味覚に応える新感覚調味料

―――【調味料】カカオ醤 ―――

和食に欠かせないしょうゆと、チョコレートの原料であるカカオを融合した調味料「カカオ醤」が、料理に関心の高い人や、プロの料理人の注目を集めている。

杉の大樽で長期熟成する伝統的なしょうゆ造りに取り組む湯浅醤油㈲(和歌山県)の新古敏朗社長は、チョコレートも発酵食品だと知り、興味を持っていたという。2017年、チョコレートの輸入事業などを手がける㈱トモエサヴール(大阪府)の札谷加奈子社長に誘われ、フランスのチョコレートブランド「エリタージュ」のベトナムにあるカカオ発行施設を見学。そのさい、新古さんが好奇心でカカオに麹菌を振りかけたのが、開発の第一歩になった。

3社で協力し、4年がかりで試行錯誤。小粒のカカオを焙煎し、しょうゆに漬けこむことで、カカオとしょうゆ双方の風味が生きる調味料が完成した。

和食を楽しむ人の国籍も味覚も多様になるなか、「伝統の味をたいせつにしつつ、新しいしょうゆを創造している。カカオ醤は、海外展開や派生商品の開発も考えている」と、新古社長。フランスでのしょうゆ造りも準備中で、醤油発祥の地から、可能性に挑み続けている。


ベトナムで発酵させ、ショコラティエが焙煎したカカオと、金山寺みそから3%しか採れないたまりじょうゆ「九曜むらさき」を合わせて2週間ほど漬けこみ、瓶内熟成している。

湯浅醤油 九曜むらさき

ペースト状の「カカオ醤/ペースト」は、カレーやキャラメルソースに加えると豊かなコクが生まれる。

粗めの粒子を残した「カカオ醤/粒」は刺身に添える、照り焼きなどの肉料理に合わせるなど食感が引き立つ食べ方に合う。

各1,620円(税込)