世界初の調味料 カカオと醤油がコラボ 湯浅醤油

【関西】世界初のカカオ風味を持った醤油「カカオ醤」が誕生した。和歌山の湯浅醤油、チョコレートソムリエでバイヤーの「トモエサヴール」、フランスのチョコレートブランド「エリタージュ」がコラボし、4年の歳月を掛けて商品化した。バレンタイン商戦をにらみ、21年1月20日に発売する。

「カカオ醤」は、金山寺味噌のたまりから造った「九曜むらさき」にローストしたカカオを漬け込み、瓶内熟成する調味料。

湯浅醤油の新古敏朗代表取締役が、チョコレートはカカオを発酵させて作ると知り、トモエサヴール主催のベトナムカカオ産地ツアーへ参加した17年以降、ベトナムにあるエリタージュのカカオ発酵施設で、カカオを原料に使う醤油の開発に着手した。大豆の代わりにカカオ豆で醤油を作るなど試行錯誤するが、チョコレートと醤油の味と香りの融合が難しく、「簡単だと思っていたが手ごわかった」(新古 代表取締役 )と実験を重ねる。3年目にローストしたカカオを醤油に漬け込んで瓶内で寝かせると砂糖を添加していないのにチョコレートを思わせる甘い風味と醤油のしっかりした味が味わえる調味料になった。絞って液体にするとカカオ風味が弱くなるため、ペーストと粒の2タイプの”醤(ジャン)”を完成させ、満を持してバレンタイン向けに発売する。140g瓶入り、価格は税別1500円。

2日には大阪市北区の「西洋料理ふじもと」で完成披露試食会を開き、オードブル、スープ、チキンカレー、欧風カレー、プリンに「カカオ醤」を使ったコースを提供。ダイレクトに味わえるように刺し身にトッピング、バターライスに混ぜ込んで欧風カレーに添えた「カカオ醤」には驚きの声が上がっていた。

札谷加奈子トモエサヴール代表取締役社長は「フルーツのカカオを料理に取り入れてもらえる絶好の機会。甘いものが苦手な方へのギフトにもぴったり。次は同品を使ってプラリネも開発したい」と今後の展開に期待を膨らませていた。