世界初! 醤油の概念をくつがえす、チョコレートと融合した調味料「カカオ醤」発売  

https://forbesjapan.com/articles/detail/39348?fbclid=IwAR1uRB66k8Rx07HtDivA4WSBuXehWGVWkgD_5x6NDtDjG26FquGPncf0w_Y

日本の醤油の発祥地として知られる和歌山県湯浅町で明治14年(1881年)に創業した老舗の醤油蔵「丸新本家」の醤油部門である湯浅醤油が、1月20日より、世界初となるユニークなチョコレート醤油「カカオ醤(ジャン)」の発売を開始する。

ライフスタイル 2021/01/19 15:00

「カカオ醤(ジャン)」は、令和の時代にあっても昔ながらの木桶で仕込みを行ない、「魯山人醤油」「生一本黒豆」「燻ししょうゆ」といった数々の醤油のヒット商品を生み出している湯浅醤油と、チョコレートのソムリエ的な存在であり、2014年よりインターナショナルチョコレートアワードの審査員(※1)を務めている札谷加奈子率いるトモエサヴール、フランスのチョコレートブランド「エリタージュ」の3社がタッグを組み、度重なる試作を重ねて4年の歳月をかけ開発した、世界初となるチョコレート醤油。
(※1)インターナショナルチョコレートアワードの最終選考員は世界で7名、日本人では札谷加奈子だけ

金山寺味噌のたまりから作った「九曜むらさき」という醤油にローストしたカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させることで生まれる。瓶のキャップを開けるとまず芳醇なチョコレートの香りが、そして口にするとチョコレートと醤油の風味と旨味が融合したまったく新しい味わいを楽しむことができる。

「カカオ醤(ジャン)」は、滑らかな口あたりのペーストタイプと、カカオの食感が楽しめて噛むと風味が広がる粒タイプの2種類。チョコレートというと“甘い”というイメージがあるが、砂糖不使用のため、香りや風味、コクといった甘さ以外のチョコレートの魅力を存分に味わうことができる。甘いものが苦手な人へのバレンタインギフトにもおすすめだ。

(左) ペーストタイプ、(右) 粒タイプ

ともに発酵食品であるチョコレートと醤油がコラボして生まれた世界初となるこの調味料は、鴨肉や鶏肉といった肉料理のソースにも、淡白な白身魚にもよく合い、カレーの味わいにもコクと深みを与えてくれる。

湯浅醤油ではこれからも、明治時代から続く醤油本来の製法と醤油発祥の地で140年続く伝統を守りながら、時代のニーズに合わせた醤油の新たな可能性を広げていくという。

<WEBサイト>
湯浅醤油https://www.yuasasyouyu.co.jp/
(カカオ醤 購入ページはこちら

トモエサヴールhttps://t-sav.com/
(カカオ醤・ペーストタイプ 購入ページはこちら
(カカオ醤・粒タイプ 購入ページはこちら

ライフスタイル 2021/01/19 15:00