世界の舞台で和食発信 イタリア、食の祭典へ県特産
湯浅醤油や梅酒など /和歌山県

23日から27日までイタリア・トリノで始まった世界のスローフード(その土地に根ざした食材や食文化)の祭典「サローネ・デル・グスト」に、「梅酒」「湯浅醤油(しょうゆ)」といった和歌山県の特産品が県出身者たちの手で出展される。和歌山自慢の味が海を渡り、和食の魅力を広く世界に発信する。

チーム『和』なごみ。

1996年から2年に1度トリノで開かれ、2012年は100カ国から約1千チームが出展。約22万人が訪れたという。