北村貴さん(野菜ソムリエ)のおすすめ!
「この醤油は飲める!」作り手がそう言った、奇跡の魯山人醤油
(記事内容)
調味料は語り始めるときりがない・・・いつもそう思います。

ひとくちに醤油と言っても、きちんと時間をかけて昔ながらの発酵をしている商品ばかりではなく、輸入大豆の搾りかすを使った短期加工品で、発酵食品と言ってよいのかどうか・・・と考えてしまうような品が、実は私たちにとって最も身近で手に入りやすいものだったりします。

そんな中でも、今回私がお勧めする「魯山人醤油」は、本当の特別品です。

なぜなら、私自身がこの原材料となる大豆と小麦を作っている生産者をよく知っており、考え方を理解し、実際に畑にも何度も行っているのです。
また、その材料を受入れたメーカーである湯浅醤油の社長さんを知っており、二人の心意気や製法を直接伺っているという・・・。
これ以上の安全性、これ以上のこだわりがあるでしょうか?

魯山人の孫に唯一残された品「醤油さし」。
これにふさわしい醤油を作ってほしい、とのオーダーを受けた湯浅醤油の社長・新古さんは、全国を探して、無肥料無農薬の自然栽培を行う十勝の折笠農場に出会い、原料供給を受けて実現したのがこの魯山人醤油なのです。

自然栽培でできる大豆と小麦はごくわずか。だから本当の限定販売なのです。

この醤油でぜひ料理を作っていただきたい。その澄んだ味に驚くはずです。

おとりよせネットへのリンクはこちら
http://www.otoriyose.net/tatsujin/om0012/6197