2017年3月1日発行の料理通信2017年4月号にて、
和歌山県のチーズ専門店「コパン・ドゥ・フロマージュ」さんと
湯浅醤油・丸新本家のしょうゆもろみを使ったコラボレーションチーズが紹介されています。

世界でも数少ないチーズ洗練士の一人、宮本喜臣さんが
どうすればしょうゆもろみとチーズが上手く組み合わせるか等を
試作を重ね、徐々に実現しようとしています。
日本とイタリアが、「発酵」でつながる!

コパン・ドゥ・フロマージュ
http://www.copain-f.com/

 

発酵文化 夢の融合 (しょうゆ使いチーズを開発)

紀の川市の宮本喜臣(チーズソムリエ)が、和歌山の発酵文化(湯浅醤油)の融合する考えを考案し、湯浅醤油有限会社の新古に相談がありました。

以前、イタリアのサローネデルグストに一緒に出店したことも
そのヒントになったという。