マスコミ掲載情報, 企業コラボ, 新聞・webニュースで紹介されました

2013/04/02 朝日新聞 湯浅醤油(有)xMAHALO(マハロ)さんの湯浅醤油ばぅむ


湯浅醤油(有)xMAHALO(マハロ)さんのコラボ商品で
人気の「湯浅醤油ばぅむ」と
有田みかん使用の「有田みかんばぅむ」が朝日新聞に掲載されました。

生一本黒豆醤油を生地の外側に使用して、内側の甘い生地と外側の醤油生地が口の中で混ざり合って
甘さの中の所々で醤油の香りが広がっります。

生地全体が非常にやわらかく、口の中でとろける感じで、生バウムとも言われてとても人気☆

MAHALO(マハロ)さんHPはこちらから
http://www.mahalobaum.com/design/mahalobaum/test/intro.htm

企業コラボ

イタリアン「セッティモ・アンジュ」さんx湯浅醤油がコラボ

3年目、旬菜炭焼きイタリアン「セッティモ・アンジュ」さんと湯浅醤油がコラボ。
4月5月と2ヶ月間のみの限定メニューが食べられます☆

大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店本館8F
電話:06-6241-5131
www.anjou.co.jp/shop/settimo

店内のディスプレイも、この2ヶ月はすっかり湯浅醤油。
醤油や味噌がうまくイタリアンとマッチし、食材も新鮮で、とっても美味しかったです。
4月と5月はメニューが変わります。

シメには、金山寺味噌をのせたご飯も注文できますし、デザートにもお醤油が♪

企業コラボ

わかやまジビエ レシピコンテスト


わかやまジビエ レシピ コンテストが行われ、
串本ロイヤルホテルの田中なぎさシェフがグランプリに選ばれました。

イノシシのバラ肉を日本酒やフォンドボーで煮込んで中をくりぬいたパイにいれ、金山寺味噌などで味を調えたユリネやにんじんを添えたジビエ料理でした。

金山寺味噌と野菜で、獅子の臭みが無くなる事をジビエ料理で証明してくれました。

わかやまジビエのページ
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070400/zibiedetiikiokoshi.html

企業コラボ

大商水産 鮭の金山寺味噌漬け

魚の味噌漬けというと、京都の「西京漬」というイメージですが、金山寺味噌で魚を漬これが以外と美味い!ご飯がすすむ!!

大商水産の会長さんが、丸新本家の「うす塩金山寺味噌」のファンで、通販でも定期的に買ってくれているお客様です。

当社の金山寺味噌を知り尽くしている、会社が作ってくれた珍しい味噌漬け商品です。

会長さんは、「わしがあみ出した食べ方で、美味いことは知っていた!」と、自慢の「金山寺味噌漬け」

当社で販売はしていませんが、
オークワ各店販売で、好評発売中!!

焼いた魚に金山寺味噌を着けても美味しいよ。

合成保存料、化学調味料は無添加☆

大商水産のHP http://daishosuisan.co.jp/

近鉄百貨店の塩干しの店で5店舗展開。

企業コラボ

ちょっと贅沢なお肉屋さん 松牛さんの肉だれ『隆喜』

湯浅醤油を使用した、ちょっと贅沢なお肉屋さんの「松牛」さんの「隆喜」が完成!

行列ができるほど繁盛している美味しいお肉屋さんが、和歌山にあります。

その松牛さんと、湯浅醤油、そして和歌山の酒造メーカー「中野BC」さんが造っている国産本みりんを使用し、和歌山のこだわりが凝縮した、肉だれ「隆喜」。

ラベルデザインは、和歌山県出身の書画家 田中太山さんが作成。

肉だれって何?と思う方もいるかもしれませんが、すき焼きや肉じゃが、はたまた照り焼きハンバーグまで作れてしまう万能調味料なのである。

この開発にあたっては、3人の食のプロたちが関わり、想いを込めたストーリーが待っていた。
その3人は、ちょっと贅沢なお肉屋さん松牛 オーナー松下隆紀氏、丸新本家株式会社 5代目新古敏朗氏、中野BC株式会社 副社長中野幸治氏。

精肉店を営み、日々肉にこだわり、肉を愛する松下氏が作りたかったのは、本当に和牛を生かす「わりした」。
すき焼きのタレなるものは市場にたくさん出ている。
しかし、どれも肉と命がけで向き合ってきた人間には物足りなかった。
「自分で作れないだろうか」と思い続けていた時、湯浅醤油と出会う。
試作で、コロッケや総菜に使用したら、見違えるほど美味しくなった。
でも肉のことなら誰にも負ける気がしないが、醤油のことは全く知らない。
食への想いを五代目の新古氏にぶつけ、アドバイスをもらう。

新古氏も、醤油自体のことならパイオニアだが、すき焼きのタレとなると配合は皆目見当がつかなかったという。
しかし、松下氏の熱意に押され、松牛へと向かう。
そこには思いもよらぬ醤油の新たな反応が起こっていた。

松牛で、長年使っていた一般的な醤油で肉を炊くと、灰汁が多く出て、臭いも悪いのに対し、
湯浅醤油を使うと全く出ない。これはなぜか。添加物のせいである。
やはり一般市販品は長持ちさせるために少なからず入っている。
と言ってももちろん法定範囲で問題はない。
しかし、湯浅醤油でたいた肉は、匂いもそして、柔らかさまでも断然違うのだった。
松下氏と新古氏はこの事実を確認し、本当にいいものだけで使った日本一のわりしたを作ろうと決心したのである。

わりしたの配合は松下氏が監修。みりんは、海南の酒造メーカー中野BC株式会社の本みりん「宝来みりん」を使用。
松牛では、もともと宝来みりんに注目し、肉炊き用に使用していた。
国産のもち米を小仕込みで丁寧に使用した、濃厚な味わいが特徴で、わりしたに絶好の素材であることに間違いない。
醤油は、湯浅醤油の煮付け醤油(濃口)と九曜むらさきを。
九曜むらさきは醤油の元祖で、金山寺味噌からわずか3%しか採れない希少な溜まりを素材とした減塩醤油である。

そしてここからが忍耐力勝負。
醤油とみりんの量を少しずつ変えて、肉を炊く。
繰り返し繰り返しデータを取り、最良の味付けができる配合を探す。
この作業を約1ヶ月。さらに商品化するために配合工場を探す。
1本1本店で調合するわけにはいかないので、こちらも費用など条件が合わなかったりして、
悪戦苦戦の連続。原材料の醤油、みりん、料理酒は、最高の品質だから、
もちろんその分、値も張る。なるべく市販価格を下げるために、あらゆるコストダウンをしたい。
オリジナルわりしたは、最高級のおいしさと生産へのいくつかのハードルを前に、最終局面を迎えた。

店で試作された最高の配合は、新古氏と中野氏も頷くバランスになったのである。

なんとか販売価格も抑えられそうな生産工場も見つかり、瓶詰めされ出来上がったサンプルを試食する。

「旨い!」3人が納得できる肉の旨味を存分に引き出すわりしたが完成した。
かなり煮込んでも飽きないすき焼きができた。これだけ肉を引き立たせるわりしたがあっただろうか。
しかし、高級わりした「隆喜」は、水や出汁でのばして肉じゃがなどの煮もの、はたまたハンバーグソースにも多様できる万能肉だれの可能性を秘めていた。
牛肉だけでなく、鶏や豚にも旨味を出させる性能を発揮するのである。

たれの新しい分野、肉だれとして完成した「隆喜」。
母の目分量で醤油・砂糖・みりん・酒を入れて作る家庭のすき焼きも確かにおいしい。
だが、すべてにこだわりを持ち、一切妥協を許さなかったプロの逸品「肉だれ 隆喜」で、
おいしいすき焼きを作ってみてはいかがでしょうか。

マスコミ掲載情報, 企業コラボ, 新聞・webニュースで紹介されました

2012/12/29 地方紙 わかやま新報に『みその食堂』さん


わかやま新報に『みその食堂』さんが紹介されました☆

湯浅白醤油中華そばは、湯浅醤油の蔵匠 白搾りを使用し、鶏がらスープのベースにかつお風味が豊かなオリジナル混合節でとった和風だしをブレンド。
上品なスープが、平打ち縮れ細麺に絡むあっさりとしたラーメン。

企業コラボ

2012/11/11 有田うまいもんまつり B級グルメコンテスト

有田うまいもんまつり
(和歌山県有田市のB級グルメコンテスト)が
2012年11月11日 有田川河川敷で開催されました。

「和歌山 焼きラーメン」(湯浅醤油、樽仕込み使用)は、優勝目指して、2年越しで計画を練って参戦☆

2010年は、用意していた麺が売り切れで、途中で弾切れでおしくも準優勝。

もちろん美味しく、結果は、みごと優勝しました~♪
嬉しい!

ハリセンボンが、応援に駆けつけてくれていて、
名産の有田みかんのかぶりもの姿!

企業コラボ

2012/09/28 金山寺味噌ラーメン完成! 京都光華女子大学

大学とのコラボレーションで、金山寺味噌を使った、ラーメンを作ると言う企画。
京都光華女子大学なので、その名前にちなんで、星と花をトッピングして、かわいい仕上がりになっています。

完成したラーメンは、二種類☆

ピリ辛味とノーマルのラーメン、金山寺味噌が、スープにも上にもトッピングされています。

味は、個人的には、ピリ辛味が好みでしたが、女性には、普通の味がうけました。

マスコミ掲載情報, 企業コラボ, 新聞・webニュースで紹介されました

2012/09/20 地方紙 わかやま新報 イタリアンに湯浅なす


伝統野菜湯浅なすを料理にと、和歌山市内のイタリアンレストラン『ラッフィナート』さんが、パスタと湯浅なすピザのメニューを出してくれています。

湯浅なすは、にくずれしないのにしっかりとした食感があり、食べごたえがあるとのこと。

5代目新古敏朗が、県産品を積極的に使っている同店に、湯浅なすを使って料理をしてくれるかと相談したことがきっかけ。

住所:和歌山市七番丁26-1
電話:073-435-0075
営業時間:午前11時~午後10時(金土のみ午前0時まで)
無休

企業コラボ

2012/08/28 無農薬・無肥料の大豆と小麦 北海道十勝の折笠農園

無農薬 無肥料 (自然栽培農法)の畑へ。

無農薬、無肥料とは、種以外は、畑に何も入れないで、北海道の大地と太陽と自然の力で栽培する事。

有機肥料も入れない。

湯浅醤油の原料大豆の畑 北海道十勝の折笠農園。

元気に育っていました。

これ、無農薬、無肥料の自然栽培大豆です。
葉も綺麗でしょう!

無農薬ですから、雑草ももちろん生えてきますが、
この広大な土地で、手で草刈りしています。
びっくりです。

一緒に記念写真を撮りましたが、後ろが、全部大豆畑。

そして、枯れ草のようにみえますが、これが、8月18日収穫の小麦です。

これで、この冬 「湯浅醤油」を造ります。

「日本で最高の原材料」です。

企業コラボ

2012/07/22 伝統野菜『湯浅なす』 地元の生産者さん、イオンさんなどとの取り組み

丸新本家では、江戸時代から作られていた、
伝統野菜の湯浅なすの復活に2009年から取り組んでいます。

今では、生産者、イオン、湯浅町役場、商工会、湯味会、農業試験場さんなどの協力で、取り組みが形になりつつあります。

今回は、湯浅なす生産者さんを集めた、規格、出荷検討会とより良い茄子を作るための技術交換会、現場視察会をしました。
イオンさんにも来ていただき、店舗で販売する規格と値段も検討しました。

湯浅なすの畑に行き、和歌山県農林水産総合技術センターの人にも直接指導していただき、改善点、注意点をみんなで共有しました。

茄子の枝にひもで吊っているのが分かりますでしょうか?
これは、茄子の重みで枝が下がり、最悪は茄子の重みで枝が引き裂かれてしまうのを防ぐためです。

地元伝統特産品として愛され、飲食店、土産物屋、観光施設、小売店に人が集まり、なすの消費が進めば 生産農家も増え、地域が潤えばと思っています。

地元飲食店、小売店さん、
地域のためにご協力お願いします。

また、生産農家さんを助けるため、
自分の利益だけを追求することなくそこそこの値段で買ってあげて下さい。よろしくお願いします。

和歌山の発展は、1次産業、農業、水産業の発展が鍵です。「湯浅なす」を使った金山寺味噌は、こちらから
お薦めは、「具だくさん金山寺味噌」 です。

近くに「イオン」店舗が有る方は、
湯浅茄子もイオンで26日くらいから販売予定です。

店舗に問い合わせて下さい。

「湯浅なす金山寺味噌」 近畿「イオン」各店で販売開始中(下記参考イオンにお問い合わせ下さい)

(泉南、りんくう、堺北花田、金剛東、東岸和田、日根野、柏原、京都五条、巧妙池、神戸北、奈良、藤井寺、福知山、姫路大津、姫路リバーシティー、長浜 他)

企業コラボ

2012/07/21 京都光華女子大学の学生さんとコラボ 商品企画

紀州名産の金山寺味噌は、地元和歌山では少しは知られた名産品では有りますが、まだまだ、地方の特産品で、全国レベルでは、知名度が低い商品です。

あるご縁で、京都光華女子短期大学の先生と知り合うこととなり、金山寺味噌を若い世代に人に食べてもらうためには、どうしたら良いか、女子大生にお題を出して考えてもらおうということになりました。

5月に行かせていただき金山寺味噌と湯浅醤油の講義をさせていただきました。
ここで、宿題を出させていただき、』金山寺味噌を若い人に食べてもらうには、どうしたら良いでしょうか?』と質問を投げかけ、学祭達が班でに分かれて考えて、プレゼンをする事になりました。

色々な意見の出る中、
優勝は、フードコーディネート部門の『金山寺味噌ラーメン』に決まりまりました。

気になる味は、

スープの試食をさせていただいたのですが、
だしを入れずにしっかりとした、ラーメンスープができあがっている事に驚きました。

聞いてみると、最初は、だしをいれるという話も有ったのですが、まずは入れないで作ってみたところ、美味しかったのでびっくりしたそうです。

少し、油感を出すのに、豚肉の炒め汁を入れたら美味しかったと言ってました。

いろいろ試さねば、分からないんですね・・・

今後は、まず京都光華女子大学の学食に採用される事に決まりそう。

また、丸新本家でも地元の麺屋さんにお願いして商品化することを検討します。

詳しくはこちら
http://ameblo.jp/yuasasyouyu/entry-11309042277.html

⇒後日、商品化しました!

企業コラボ

湖池屋スコーン 絶品しょうゆ味 (生一本黒豆使用)発売

湖池屋スコーン 絶品しょうゆ味75g入りが【数量限定】で発売になりました!

モンドセレクション7年連続最高金賞を受賞している湯浅醤油 生一本黒豆を使用したもので、昨年2011年に限定発売され、好評だったことから今年も発売されました☆

湯浅醤油からは、生一本黒豆を液体のまま(しょう油の姿で)納品しておりますが、湖池屋さんがそれを粉末にして、スコーンにまぶしています。

全国のコンビニやスーパーで6月18日から発売されているようですが、丸新本家の店舗でも発売しています!本当に絶品☆是非食べて下さいね♪

⇒9月に完売しました。一応、今季は終了。

企業コラボ

2012/06/15 「ヒルトン大阪 」にて「ベルギーフェア」

6月15日べルギー王室のフィリップ皇太子が来日されるのを記念して、「ヒルトン大阪 」にて「ベルギーフェア」を開催されました。
日本とベルギーの友好の証としてヒルトン大阪とフランダースセンターが共同主催でお届けする美食コラボレーション。

ミシュラン星のレストラン2店より実力を認められているシェフ2名を招き、関西の食材を生かした斬新な料理をコースメニューにしています。

湯浅醤油(有)も日本の食材として「生一本黒豆醤油」を提供させていただきました。

ミシュラン2つ星を獲得したレストラン「シャトー・ミロール」のジャン・バティスト・トマース氏(写真右)、伝統的な技法に、地中海料理と東洋的なアプローチを取り入れたメニューが魅力です。

レストラン・アーレンベルグ」のリーベン・ドゥメーストゥル氏(写真左)は、ミシュラン1つ星のレストランの中でも最も注目度の高いシェフとして評判です。

2年前に和歌山で、ミシュランスターシェフプロジェクトの時に来てくれたシェフ達です。

http://ameblo.jp/yuasasyouyu/theme-10021582256.html

いずれのシェフも日本に大変興味を持っていて、食事をしてもフランス料理として食べると言うより、
日本食に近い表現で、油っぽくなくさっぱりとした 日本人好みの味付けでした。

日本の食材を使い短期間でここまで仕上げられるのは、流石ミシュランシェフ!凄いです!

詳しくは、こちらを
http://ameblo.jp/yuasasyouyu/entry-11280581656.html

企業コラボ

2012/06 ちょっと贅沢なお肉屋さん「松牛」さんの豚バラ肉のチャーシュー 湯浅醤油使用☆

和歌山県岩出市に「ちょっと贅沢なお肉屋さん」
「松牛」さんというお肉屋さんがあります。

行列のできるお肉屋さんで、お客様はひっきりなし。

湯浅醤油を使って、豚バラ肉のチャーシュー☆を作ってくれています。
醤油は、湯浅醤油(有)の萬醤と淡口醤油、濃い口醤油のブレンド。湯浅醤油でもブレンドした方が美味しいらしいです。

湯浅醤油を使うと本当にすごいとお褒めのお言葉を頂いています。他社さんの醤油を使うとアクが・・・
驚愕の違いについてはこちらを!
http://ameblo.jp/yuasasyouyu/entry-11304165145.html

とにかく、とても気に入ってもらっています。

松牛さんのチャーシューも美味しいですが、コロッケは絶品です。
いろいろな味がありますので、是非お試しあれ!
詳しくはこちらを
http://www.matsugyu.com/

企業コラボ

大阪北新地「むろ多」さんにて「魯山人」醤油を使用した、復活メニューの美食会


大阪北新地「むろ多」さんにて「魯山人」醤油を使用した復活メニューの美食会

☆前菜 品々
山葵(せんな)の葉・軸 浸し
蓴菜冷吸物
稚鮎酢取り

☆お椀

鯖のあら汁(ふっこあら汁)
ふっこ 人参・牛蒡・芹・大根
春子椎茸 針生姜

☆向付

鯛の大徳寺納豆巻き
鰹 たいらぎ貝
錦糸玉子寄せ 蕨 大根 人参 胡瓜 山葵

☆焚肴
湯葉 小芋 蓮根

☆焼き物

鯛山椒焼き
蒸し一寸豆

☆強肴

海老飛龍頭
辛味大根 加減魯山人醤油

☆食事

味噌焼きおにぎり(魯山人醤油のもろみを使用)
割り茶
香物
白大根 新キャベツ 茄子

2012年3月23日 北大路魯山人の誕生日に湯浅醤油(有)と魯山人倶楽部の共同企画で、湯浅醤油「魯山人」が誕生しました。

この、記念イベントとして、大阪北新地「むろ多」さんにて「魯山人」醤油を使用した復活メニューの美食会を限定30名で開催致しました。

「魯山人」復刻メニューと言っても本人は53年前に他界されていて直接聞くわけにはいかず、昔の星岡茶寮時代メニューや一部残っている手書きのレシピなどから再現を試みました。

食事の協力は、大阪北新地の「むろ多」さんの協力をいただきました。

「むろ多」さんのHPはこちら         http://murota.co.jp/shin/index.html

大阪府日本調理技能士会会長でもある室田店主と京都で新規オープンする「無想庵」の梶山店主のお二人が当時の料理を再現してくれました。

基本的に現在では、その料理を見た人、食べた人が無いため再現には困りました。

当時の逸話等を参考にして、料理を再現しています。

また、昔の料理は、現在では古い形となっているため現在風のアレンジも施されています。

お食事途中、開発秘話などを話させていただきました。

企業コラボ

2011/09/13 イオン 食の匠 湯浅なすの復活と湯浅なす金山寺味噌のコラボ

丸新本家は、平成21年、湯浅なすの生産農家が1~2軒まで減少し、絶滅の危機にあると聞き、和歌山で育まれ受け継がれてきた伝統野菜を後世に伝えていく必要があると地元の契約農家さんに依頼し、湯浅なすの栽培を復活・栽培を始めてもらいました。

そして、平成23年9月から正式にイオンさんと、契約農家さんと共に、類稀な和歌山県「金山寺味噌」と「湯浅なす」の栽培と消費拡大や、食文化の継承に関係機関の協力を得ながら、様々な取り組みがスタートしました。

湯浅なすが入った丸新本家の金山寺味噌は、9月からイオンの関西全店で販売が始まりました。
ちなみに、丸新本家の金山寺味噌に入っているナスは全て湯浅なすを使用しております。

http://www.aeonretail.jp/kodawari/artisan/wakayama/index.html

企業コラボ

2011/09/01 シャンパンと醤油バー☆日本初! 大阪新地オープン

9月1日 大阪北区曽根崎新地に
日本で初めてシャンパンと醤油を使ったバー(フルート フルート)がオープンしました!
大阪北区曽根崎新地1-2-3 新地東商ビルB1
お店の中は、広い一枚板のカウンターが目に入ってきます。奧の壁には、シャンパンが並び手前には、この店の大土橋さんが自分の足で歩いてセレクトしたしょうゆが並んでいます。

湯浅醤油(有)の「生一本黒豆醤油」や「カレー醤油」丸新本家の「九曜むらさき」も・・・・メニュー開発中に シャンパンに生一本黒豆醤油を数滴垂らしてみたら、意外とイケることが分かったというお話も。

詳しくは社長ブログでhttp://ameblo.jp/yuasasyouyu/entry-10999098086.html

企業コラボ

コイケヤ スコーン 絶品しょうゆ味【期間限定】

湯浅醤油 生一本黒豆がコイケヤさんのスコーンに使われ、6月27日より全国のコンビニやスーパーで販売が始まりました。

裏面には、絶品な「焼きとうもろこし」を召し上がれ
契約農家から仕入れた丹波黒豆を使い、天然の杉樽で約2年間熟成させた「生一本黒豆」を使用。濃厚で香り豊かな醤油の風味が広がる絶品の焼きとうもろこし味です。

世界が認めた絶品醤油
醤油発祥の地といわれる「湯浅」で、現在も蔵元として醤油造りを続けている湯浅醤油(有)が、「世界一の醤油をつくりたい」との想いで造ったのが、「生一本黒豆醤油」です。ミシュランシェフも認めた味をご賞味下さい。
モンドセレクション5年連続最高金賞
と紹介されています。

もちろん、味は絶品☆ 香りも最高♪是非ご賞味ください。

企業コラボ

2011/4月~5月末 イタリアンレストラン『セッテッモ・アンジュ』と『湯浅醤油』がコラボ


~ 旬菜炭焼きイタリアン~
大阪心斎橋 Settimo ANJOU (セッティモアンジュ)
大丸心斎橋店 本館8階のレストランと湯浅醤油がコラボ☆4月・5月の2ヶ月間の料理に続々と登場すると共に、醤油や金山寺味噌の販売も♪

メニュー内容はこちらから 2940円と3990円の2コースです。
http://www.anjou.co.jp/shop/settimo/monthly.html#top

当社からレストラン前を色々なディスプレイで飾っています。

メニューも付出しからデザートまで醤油が香るイタリアンです。めったにないコラボ、実は大好評でした!

http://c11qv3ve.securesites.net/shop/settimo/

企業コラボ

醤油アイス 黒沢牧場とタイアップで発売開始☆

和歌山県海南市の山間にある黒沢牧場のミルクアイスは定評がありますが、生一本黒豆醤油を入れた『醤油アイス』の開発に共に取り組み、やっと販売にこぎつけました。

湯浅店の醤館(ひしおかん)前でのみ販売。

青海苔入りアイスも意外と海の香りがして超おいしい♪

企業コラボ

『湯浅醤油 蔵匠 樽仕込み』を使用したインスタントラーメンが発売


あのサッポロ一番の【サンヨー食品】から『湯浅醤油 蔵匠 樽仕込み』を使用したインスタントラーメンが発売されました!

ノンフライ麺でローカロリーなのに、麺がシコシコ、スープはもちろんめちゃくちゃ美味しいです*^^*
(2007年3月12日発売)