コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ, 新商品の案内, 新聞・webニュースで紹介されました

JIJI.comで湯浅醤油 カカオ醤が紹介されました

世界初!醤油の概念をくつがえす、醤油とチョコレートが融合したまったく新しい調味料「カカオ醤(ジャン)」発売。

[湯浅醤油有限会社]

たまり醤油にローストしたカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させることで生まれる「カカオ醤(ジャン)」。世界初となるチョコレート醤油は、鴨肉や鶏肉のソースにも淡白な白身魚にも、カレーとも相性抜群です。

チョコレートのソムリエ的な存在であり、2014年よりインターナショナルチョコレートアワードの審査員を務めている札谷加奈子率いる株式会社トモエサヴール、そしてフランスのチョコレートブランド「エリタージュ」とタッグを組み、度重なる試作を重ねて4年の歳月をかけ開発した世界初となるチョコレート醤油が、醤油発祥の地から誕生しました。香りや風味、コクといった“甘さ”以外のチョコレートの魅力がしっかりと味わえる調味料は、甘いものが苦手な方へのバレンタインギフトにも。


日本の醤油の発祥地として知られる和歌山県湯浅町で明治14年(1881年)に創業した老舗の醤油蔵「丸新本家」の醤油部門である湯浅醤油有限会社(所在地:和歌山県有田郡湯浅町、代表取締役:新古敏朗)は1月20日より、世界初となるユニークなチョコレート醤油「カカオ醤(ジャン)」の発売を開始いたします。

「カカオ醤(ジャン)」は、令和の時代にあっても昔ながらの木桶で仕込みを行ない、「魯山人醤油」「生一本黒豆」「燻ししょうゆ」といった数々の醤油のヒット商品を生み出しているわたしたちと、チョコレートのソムリエ的な存在であり、2014年よりインターナショナルチョコレートアワードの審査員(※1)を務めている札谷加奈子率いる株式会社トモエサヴール、フランスのチョコレートブランド「エリタージュ」の3社がタッグを組み、度重なる試作を重ねて4年の歳月をかけ開発した、世界初となるチョコレート醤油。

金山寺味噌のたまりから作った「九曜むらさき」という醤油にローストしたカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させることで生まれる「カカオ醤(ジャン)」。瓶のキャップを開けるとまず芳醇なチョコレートの香りが、そして口にするとチョコレートと醤油の風味と旨味が融合したまったく新しい味わいを楽しむことができます。

「カカオ醤(ジャン)」は、滑らかな口あたりのペーストタイプと、カカオの食感が楽しめて噛むと風味が広がる粒タイプの2種類。チョコレートというと“甘い”というイメージがありますが、「カカオ醤(ジャン)」は砂糖不使用のため、香りや風味、コクといった甘さ以外のチョコレートの魅力を存分に味わっていただくことができます。※瓶、中身とも写真左がペーストタイプ、右が粒タイプとなります。

ともに発酵食品であるチョコレートと醤油がコラボして生まれた世界初となる調味料「カカオ醤(ジャン)」。鴨肉や鶏肉といった肉料理のソースにも、淡白な白身魚にもよく合い、カレーの味わいにもコクと深みを与えてくれます。

私たちはこれからも、明治時代から続く醤油本来の製法と醤油発祥の地で140年続く伝統を守りながら、時代のニーズに合わせた醤油の新たな可能性を広げてまいります。

※1 インターナショナルチョコレートアワードの最終選考員は世界で7名、日本人では札谷加奈子だけとなります。
※2 湯浅醤油とトモエサヴール、エリタージュの3社による新ブランド「発酵エレメンツ」では、これからもそれぞれの強みを活かした技術を掛け合わせ、発酵をテーマにした商品を開発・提案してまいります。

<参考URL>
湯浅醤油WEBサイト
https://www.marushinhonke.com/c/3555/cacaojang (カカオ醤 購入ページ)
https://www.yuasasyouyu.co.jp/ (TOPページ)
トモエサヴールWEBサイト
https://tomoesaveur.thebase.in/items/36672240 (カカオ醤・ペーストタイプ 購入ページ)
https://tomoesaveur.thebase.in/items/36672185 (カカオ醤・粒タイプ 購入ページ)
https://t-sav.com/ (TOPページ)

企業プレスリリース詳細へ (2021/01/19-12:46)

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ, 新商品の案内, 新聞・webニュースで紹介されました

沿線グルメサイトで湯浅醤油 カカオ醤が紹介されました

世界初!醤油の概念をくつがえす、醤油とチョコレートが融合したまったく新しい調味料「カカオ醤(ジャン)」発売。
BY ENSEN-GOURMET · 公開 2021年1月19日 · 更新済み 2021年1月19日
https://ensen-gourmet.com/2021/01/19/cacao-jang/?fbclid=IwAR16_PWINHqZaJSlIPTUR962y6npVTcddsDTyhIvbmC02a2hRjxtLqxT2Ek

たまり醤油にローストしたカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させることで生まれる「カカオ醤(ジャン)」。世界初となるチョコレート醤油は、鴨肉や鶏肉のソースにも淡白な白身魚にも、カレーとも相性抜群です。チョコレートのソムリエ的な存在であり、2014年よりインターナショナルチョコレートアワードの審査員を務めている札谷加奈子率いる株式会社トモエサヴール、そしてフランスのチョコレートブランド「エリタージュ」とタッグを組み、度重なる試作を重ねて4年の歳月をかけ開発した世界初となるチョコレート醤油が、醤油発祥の地から誕生しました。香りや風味、コクといった“甘さ”以外のチョコレートの魅力がしっかりと味わえる調味料は、甘いものが苦手な方へのバレンタインギフトにも。日本の醤油の発祥地として知られる和歌山県湯浅町で明治14年(1881年)に創業した老舗の醤油蔵「丸新本家」の醤油部門である湯浅醤油有限会社(所在地:和歌山県有田郡湯浅町、代表取締役:新古敏朗)は1月20日より、世界初となるユニークなチョコレート醤油「カカオ醤(ジャン)」の発売を開始いたします。

「カカオ醤(ジャン)」は、令和の時代にあっても昔ながらの木桶で仕込みを行ない、「魯山人醤油」「生一本黒豆」「燻ししょうゆ」といった数々の醤油のヒット商品を生み出しているわたしたちと、チョコレートのソムリエ的な存在であり、2014年よりインターナショナルチョコレートアワードの審査員(※1)を務めている札谷加奈子率いる株式会社トモエサヴール、フランスのチョコレートブランド「エリタージュ」の3社がタッグを組み、度重なる試作を重ねて4年の歳月をかけ開発した、世界初となるチョコレート醤油。

金山寺味噌のたまりから作った「九曜むらさき」という醤油にローストしたカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させることで生まれる「カカオ醤(ジャン)」。瓶のキャップを開けるとまず芳醇なチョコレートの香りが、そして口にするとチョコレートと醤油の風味と旨味が融合したまったく新しい味わいを楽しむことができます。

「カカオ醤(ジャン)」は、滑らかな口あたりのペーストタイプと、カカオの食感が楽しめて噛むと風味が広がる粒タイプの2種類。チョコレートというと“甘い”というイメージがありますが、「カカオ醤(ジャン)」は砂糖不使用のため、香りや風味、コクといった甘さ以外のチョコレートの魅力を存分に味わっていただくことができます。※瓶、中身とも写真左がペーストタイプ、右が粒タイプとなります。

ともに発酵食品であるチョコレートと醤油がコラボして生まれた世界初となる調味料「カカオ醤(ジャン)」。鴨肉や鶏肉といった肉料理のソースにも、淡白な白身魚にもよく合い、カレーの味わいにもコクと深みを与えてくれます。

私たちはこれからも、明治時代から続く醤油本来の製法と醤油発祥の地で140年続く伝統を守りながら、時代のニーズに合わせた醤油の新たな可能性を広げてまいります。

※1 インターナショナルチョコレートアワードの最終選考員は世界で7名、日本人では札谷加奈子だけとなります。
※2 湯浅醤油とトモエサヴール、エリタージュの3社による新ブランド「発酵エレメンツ」では、これからもそれぞれの強みを活かした技術を掛け合わせ、発酵をテーマにした商品を開発・提案してまいります。

<参考URL>
湯浅醤油WEBサイト
https://www.marushinhonke.com/c/3555/cacaojang (カカオ醤 購入ページ)
https://www.yuasasyouyu.co.jp/ (TOPページ)
トモエサヴールWEBサイト
https://tomoesaveur.thebase.in/items/36672240 (カカオ醤・ペーストタイプ 購入ページ)
https://tomoesaveur.thebase.in/items/36672185 (カカオ醤・粒タイプ 購入ページ)
https://t-sav.com/ (TOPページ)

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ, 新商品の案内, 新聞・webニュースで紹介されました

gooニュースで湯浅醤油 カカオ醤が紹介されました

世界初のチョコレート醤油「カカオ醤」しっとりペースト&粒タイプの2種、老舗醤油蔵 丸新本家から

2021/01/19 18:35  https://news.goo.ne.jp/article/fashionpress/life/fashionpress-68971.html?fbclid=IwAR0LMOloNrxBdXTfdFuTtMf3t2bJu0X4JDoDNDj90Zft8c_RbTIoAQWADhs

和歌山県の老舗醤油蔵「丸新本家」は、醤油とチョコレートを融合させた「カカオ醤(ジャン)」を、2021年1月20日(水)より発売する。

世界初のチョコレート醤油「カカオ醤」

「カカオ醤」は、金山寺味噌のたまりから作った「九曜むらさき」という醤油にローストしたカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させた世界初のチョコレート醤油。カカオの上品な風味が漂う醤油だ。

口にすると、チョコレートの芳醇な香りがふわりと広がり、チョコレートと醤油が融合したコク深い風味・旨味を楽しむことができる。ペーストタイプと粒タイプの2種で展開

「カカオ醤」には、ペーストタイプと粒タイプの2種類がラインナップ。ペーストタイプでは、生チョコのようなしっとり滑らかな口あたりを、粒タイプでは、カカオの食感と風味を楽しむことができる。肉料理から白身魚まで、多彩な使い方

「カカオ醤」には、砂糖を一切使用しておらず、チョコレートの“甘み”が取り除かれている。そのため、鶏肉や鴨肉などの肉料理の他に、シンプルな白味魚などの食材とも相性抜群だ。「魯山人醤油」などヒット醤油を生み出した「丸新本家」から

「丸新本家」は、日本の醤油発祥の地・和歌山県湯浅町で、明治14年に創業した老舗醤油蔵。これまで「魯山人醤油」や「生一本黒豆」など数々のヒット醤油を生み出してきた。今回の「カカオ醤」は、フランスのチョコレートブランド「エリタージュ」と、世界から厳選したチョコレートをセレクトして販売する「トモエサヴール」とタッグを組み、4年の歳月をかけて開発した。

【詳細】
「カカオ醤」
発売日:2021年1月20日(水)
取り扱い:湯浅醤油(和歌山県有田郡湯浅町湯浅1464)、湯浅醤油WEBサイト、トモエサヴールWEBサイト
価格:
・湯浅醤油 カカオ醤 粒 1,620円(税込)
・湯浅醤油 カカオ醤 ペースト 1,620円(税込)

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ, 新商品の案内, 新聞・webニュースで紹介されました

Forbesニュース で湯浅醤油 カカオ醤が紹介されました

世界初! 醤油の概念をくつがえす、チョコレートと融合した調味料「カカオ醤」発売  

https://forbesjapan.com/articles/detail/39348?fbclid=IwAR1uRB66k8Rx07HtDivA4WSBuXehWGVWkgD_5x6NDtDjG26FquGPncf0w_Y

日本の醤油の発祥地として知られる和歌山県湯浅町で明治14年(1881年)に創業した老舗の醤油蔵「丸新本家」の醤油部門である湯浅醤油が、1月20日より、世界初となるユニークなチョコレート醤油「カカオ醤(ジャン)」の発売を開始する。

ライフスタイル 2021/01/19 15:00

「カカオ醤(ジャン)」は、令和の時代にあっても昔ながらの木桶で仕込みを行ない、「魯山人醤油」「生一本黒豆」「燻ししょうゆ」といった数々の醤油のヒット商品を生み出している湯浅醤油と、チョコレートのソムリエ的な存在であり、2014年よりインターナショナルチョコレートアワードの審査員(※1)を務めている札谷加奈子率いるトモエサヴール、フランスのチョコレートブランド「エリタージュ」の3社がタッグを組み、度重なる試作を重ねて4年の歳月をかけ開発した、世界初となるチョコレート醤油。
(※1)インターナショナルチョコレートアワードの最終選考員は世界で7名、日本人では札谷加奈子だけ

金山寺味噌のたまりから作った「九曜むらさき」という醤油にローストしたカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させることで生まれる。瓶のキャップを開けるとまず芳醇なチョコレートの香りが、そして口にするとチョコレートと醤油の風味と旨味が融合したまったく新しい味わいを楽しむことができる。

「カカオ醤(ジャン)」は、滑らかな口あたりのペーストタイプと、カカオの食感が楽しめて噛むと風味が広がる粒タイプの2種類。チョコレートというと“甘い”というイメージがあるが、砂糖不使用のため、香りや風味、コクといった甘さ以外のチョコレートの魅力を存分に味わうことができる。甘いものが苦手な人へのバレンタインギフトにもおすすめだ。

(左) ペーストタイプ、(右) 粒タイプ

ともに発酵食品であるチョコレートと醤油がコラボして生まれた世界初となるこの調味料は、鴨肉や鶏肉といった肉料理のソースにも、淡白な白身魚にもよく合い、カレーの味わいにもコクと深みを与えてくれる。

湯浅醤油ではこれからも、明治時代から続く醤油本来の製法と醤油発祥の地で140年続く伝統を守りながら、時代のニーズに合わせた醤油の新たな可能性を広げていくという。

<WEBサイト>
湯浅醤油https://www.yuasasyouyu.co.jp/
(カカオ醤 購入ページはこちら

トモエサヴールhttps://t-sav.com/
(カカオ醤・ペーストタイプ 購入ページはこちら
(カカオ醤・粒タイプ 購入ページはこちら

ライフスタイル 2021/01/19 15:00

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ, 新商品の案内, 新聞・webニュースで紹介されました, 未分類

Fashion Pressで 湯浅醤油 カカオ醤油が紹介されました

世界初のチョコレート醤油「カカオ醤」しっとりペースト&粒タイプの2種、老舗醤油蔵 丸新本家から 
https://www.fashion-press.net/news/68971

カカオ醤 粒とペーストの2種類

「カカオ醤」は、金山寺味噌のたまりから作った「九曜むらさき」という醤油にローストしたカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させた世界初のチョコレート醤油。カカオの上品な風味が漂う醤油だ。

口にすると、チョコレートの芳醇な香りがふわりと広がり、チョコレートと醤油が融合したコク深い風味・旨味を楽しむことができる。

ペーストタイプと粒タイプの2種で展開

ペーストタイプと粒タイプの2種で展開

「カカオ醤」には、ペーストタイプと粒タイプの2種類がラインナップ。ペーストタイプでは、生チョコのようなしっとり滑らかな口あたりを、粒タイプでは、カカオの食感と風味を楽しむことができる。

肉料理から白身魚まで、多彩な使い方

うなぎの白焼にトッピング

「カカオ醤」には、砂糖を一切使用しておらず、チョコレートの“甘み”が取り除かれている。そのため、鶏肉や鴨肉などの肉料理の他に、シンプルな白味魚などの食材とも相性抜群だ。

「魯山人醤油」などヒット醤油を生み出した「丸新本家」から

「丸新本家」は、日本の醤油発祥の地・和歌山県湯浅町で、明治14年に創業した老舗醤油蔵。これまで「魯山人醤油」や「生一本黒豆」など数々のヒット醤油を生み出してきた。今回の「カカオ醤」は、フランスのチョコレートブランド「エリタージュ」と、世界から厳選したチョコレートをセレクトして販売する「トモエサヴール」とタッグを組み、4年の歳月をかけて開発した。

【詳細】
「カカオ醤」
発売日:2021年1月20日(水)
取り扱い:湯浅醤油(和歌山県有田郡湯浅町湯浅1464)、湯浅醤油WEBサイト、トモエサヴールWEBサイト
価格:
・湯浅醤油 カカオ醤 粒 1,620円(税込)
・湯浅醤油 カカオ醤 ペースト 1,620円(税込)

2021-01-19 18:40  記事更新  https://www.fashion-press.net/news/68971

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ, 新商品の案内, 新聞・webニュースで紹介されました

PR Timesで 湯浅醤油のカカオ醤が紹介されました

世界初!醤油の概念をくつがえす、醤油とチョコレートが融合したまったく新しい調味料「カカオ醤(ジャン)」発売。
たまり醤油にローストしたカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させることで生まれる「カカオ醤(ジャン)」。世界初となるチョコレート醤油は、鴨肉や鶏肉のソースにも淡白な白身魚にも、カレーとも相性抜群です。

湯浅醤油有限会社 2021年1月19日 10時30分

チョコレートのソムリエ的な存在であり、2014年よりインターナショナルチョコレートアワードの審査員を務めている札谷加奈子率いる株式会社トモエサヴール、そしてフランスのチョコレートブランド「エリタージュ」とタッグを組み、度重なる試作を重ねて4年の歳月をかけ開発した世界初となるチョコレート醤油が、醤油発祥の地から誕生しました。香りや風味、コクといった“甘さ”以外のチョコレートの魅力がしっかりと味わえる調味料は、甘いものが苦手な方へのバレンタインギフトにも。日本の醤油の発祥地として知られる和歌山県湯浅町で明治14年(1881年)に創業した老舗の醤油蔵「丸新本家」の醤油部門である湯浅醤油有限会社(所在地:和歌山県有田郡湯浅町、代表取締役:新古敏朗)は1月20日より、世界初となるユニークなチョコレート醤油「カカオ醤(ジャン)」の発売を開始いたします。

「カカオ醤(ジャン)」は、令和の時代にあっても昔ながらの木桶で仕込みを行ない、「魯山人醤油」「生一本黒豆」「燻ししょうゆ」といった数々の醤油のヒット商品を生み出しているわたしたちと、チョコレートのソムリエ的な存在であり、2014年よりインターナショナルチョコレートアワードの審査員(※1)を務めている札谷加奈子率いる株式会社トモエサヴール、フランスのチョコレートブランド「エリタージュ」の3社がタッグを組み、度重なる試作を重ねて4年の歳月をかけ開発した、世界初となるチョコレート醤油。

金山寺味噌のたまりから作った「九曜むらさき」という醤油にローストしたカカオを漬け込み、瓶の中で熟成させることで生まれる「カカオ醤(ジャン)」。瓶のキャップを開けるとまず芳醇なチョコレートの香りが、そして口にするとチョコレートと醤油の風味と旨味が融合したまったく新しい味わいを楽しむことができます。

「カカオ醤(ジャン)」は、滑らかな口あたりのペーストタイプと、カカオの食感が楽しめて噛むと風味が広がる粒タイプの2種類。チョコレートというと“甘い”というイメージがありますが、「カカオ醤(ジャン)」は砂糖不使用のため、香りや風味、コクといった甘さ以外のチョコレートの魅力を存分に味わっていただくことができます。※瓶、中身とも写真左がペーストタイプ、右が粒タイプとなります。

ともに発酵食品であるチョコレートと醤油がコラボして生まれた世界初となる調味料「カカオ醤(ジャン)」。鴨肉や鶏肉といった肉料理のソースにも、淡白な白身魚にもよく合い、カレーの味わいにもコクと深みを与えてくれます。

私たちはこれからも、明治時代から続く醤油本来の製法と醤油発祥の地で140年続く伝統を守りながら、時代のニーズに合わせた醤油の新たな可能性を広げてまいります。

※1 インターナショナルチョコレートアワードの最終選考員は世界で7名、日本人では札谷加奈子だけとなります。
※2 湯浅醤油とトモエサヴール、エリタージュの3社による新ブランド「発酵エレメンツ」では、これからもそれぞれの強みを活かした技術を掛け合わせ、発酵をテーマにした商品を開発・提案してまいります。

<参考URL>
湯浅醤油WEBサイト
https://www.marushinhonke.com/c/3555/cacaojang (カカオ醤 購入ページ)
https://www.yuasasyouyu.co.jp/ (TOPページ)
トモエサヴールWEBサイト
https://tomoesaveur.thebase.in/items/36672240 (カカオ醤・ペーストタイプ 購入ページ)
https://tomoesaveur.thebase.in/items/36672185 (カカオ醤・粒タイプ 購入ページ)
https://t-sav.com/ (TOPページ)

お休みのお知らせ, 丸新本家からのお知らせ

とれとれ市場店休業のお知らせ

2021/01/12より2/7日まで改装工事とコロナ拡散防止対策により、南紀白浜とれとれ市場が休館になる為、営業をお休みさせて頂きます。

再開までご迷惑をおかけしますが、近くの田辺店の方にお越し下さいませ。
よろしくお願い致します。

田辺店の場所は、こちらをご確認ください。
https://www.marushinhonke.com/f/shopinfo#tanabe

お休みのお知らせ, 丸新本家からのお知らせ

年末年始の営業について

●店舗と見学:
湯浅本店:年内無休。31日は13時まで。2日から営業
醤館(店舗)・蔵カフェ:12/30,31、元旦休み。1/2(土)スタート
蔵の自由見学:通常AM9時からPM4時まで。12/30,12/31、1/1は休み
田辺店: 31日は13時まで 。元旦休み。1/2から営業
白浜とれとれ市場店:無休

●通販:
湯浅(電話・FAX注文):最終発送日12/28(月)、年始は1/5から
田辺(インターネット):最終発送日12/30、年始は1/2から
※湯浅発送のご注文でも、休業中は田辺店にお問い合わせ下さい。
 フリーダイアル 0120-345-124

●事務所:
湯浅本店:12/30から1/3まで休み、1/4からスタート
田辺店:31日午前中まで。元旦休み。1/2からスタート

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ, 新商品の案内, 新聞・webニュースで紹介されました, 未分類

日本食糧新聞に湯浅醤油のカカオ醤が紹介されました

世界初の調味料 カカオと醤油がコラボ 湯浅醤油

【関西】世界初のカカオ風味を持った醤油「カカオ醤」が誕生した。和歌山の湯浅醤油、チョコレートソムリエでバイヤーの「トモエサヴール」、フランスのチョコレートブランド「エリタージュ」がコラボし、4年の歳月を掛けて商品化した。バレンタイン商戦をにらみ、21年1月20日に発売する。

「カカオ醤」は、金山寺味噌のたまりから造った「九曜むらさき」にローストしたカカオを漬け込み、瓶内熟成する調味料。

湯浅醤油の新古敏朗代表取締役が、チョコレートはカカオを発酵させて作ると知り、トモエサヴール主催のベトナムカカオ産地ツアーへ参加した17年以降、ベトナムにあるエリタージュのカカオ発酵施設で、カカオを原料に使う醤油の開発に着手した。大豆の代わりにカカオ豆で醤油を作るなど試行錯誤するが、チョコレートと醤油の味と香りの融合が難しく、「簡単だと思っていたが手ごわかった」(新古 代表取締役 )と実験を重ねる。3年目にローストしたカカオを醤油に漬け込んで瓶内で寝かせると砂糖を添加していないのにチョコレートを思わせる甘い風味と醤油のしっかりした味が味わえる調味料になった。絞って液体にするとカカオ風味が弱くなるため、ペーストと粒の2タイプの”醤(ジャン)”を完成させ、満を持してバレンタイン向けに発売する。140g瓶入り、価格は税別1500円。

2日には大阪市北区の「西洋料理ふじもと」で完成披露試食会を開き、オードブル、スープ、チキンカレー、欧風カレー、プリンに「カカオ醤」を使ったコースを提供。ダイレクトに味わえるように刺し身にトッピング、バターライスに混ぜ込んで欧風カレーに添えた「カカオ醤」には驚きの声が上がっていた。

札谷加奈子トモエサヴール代表取締役社長は「フルーツのカカオを料理に取り入れてもらえる絶好の機会。甘いものが苦手な方へのギフトにもぴったり。次は同品を使ってプラリネも開発したい」と今後の展開に期待を膨らませていた。

コラム, マスコミ掲載情報, 丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ, 雑誌で紹介されました

雑誌Fine 2021年1月号で湯浅なすカレーが掲載されました

幅広い年齢層から支持されている雑誌Fine。”ラク~でうまいレトルトカレー100”特集の中で、湯浅醤油で販売している【湯浅なすカレー】をご紹介いただきました。

全国に色んなレトルトカレーがある中で、野菜カレー部門で掲載していただきました。化学調味料は一切使用しておらず、お子様からご年配の方まで安心してお召し上がりいただける商品です。一度食べるとやみつき!

湯浅醤油 湯浅なすカレー 450円(税抜)

https://www.marushinhonke.com/c/180585/61051