美食家で知られた芸術家の北大路魯山人(ろさんじん)(1883~1959年)が愛したすき焼きが、大阪・北新地の日本料理店「北新地湯木(ゆき)新店」でよみがえった。

魯山人倶楽部は「湯浅醤油(しょうゆ)」(和歌山県湯浅町)と協力し、魯山人が味わったと推定されるしょうゆを再現した醤油を使い、
▽肉と野菜は一緒に煮込まない
▽肉は酒としょうゆとみりんで焼き上げて砂糖は使わない▽卵を使わず大根おろしで味わう
というもの。これにより肉や野菜の本来の甘みが楽しめるという。また、上質な霜降り国産和牛やみずみずしいホウレンソウを入れるのも特徴という。

魯山人風すき焼きコースは3月31日まで。
3人前以上から。前菜、蒸し物、すき焼き、ごはん、デザートのセットで1人前1万1550円。
要予約。
営業は午前11時半~午後2時半と午後5時半~10時(ラストオーダー午後9時)。
日曜、祝日定休。
予約と問い合わせは同店((電)06-6348-2777)。