マスコミ掲載情報, 企業コラボ, 雑誌で紹介されました

家庭画報 2019年2月号  チーズと醤油のマリアージュ

雑誌『家庭画報 2019年2月号』で湯浅醤油、丸新本家が紹介されました。
醤油の製造過程で生まれる『もろみ』を使った全く新しいチーズ『モロマッジョ』。構想から6年以上を経て完成しました!

開発者は、和歌山県紀の川市の宮本喜臣さん。
『日本酒とのマリアージュを楽しめるチーズを作りたい』という夢を持ち、『チーズ洗練士』というナチュラルチーズに他の食材で一手間を加え、全く別のチーズを作り出す技術者として活躍する唯一の日本人で、和歌山県で唯一のナチュラルチーズ専門店『コパン・ドゥ・フロマージュ』の店主。

宮本さんは、チーズの製造過程で食塩水にうまみが凝縮されていることがわかり、それなら代わりに醤油のもろみが使えるのではないかと思いつき、イタリア中のチーズ工房をまわって、一緒に作ってくれる工房を探したそうです。北イタリアの140年以上の歴史を持つチーズ熟成会社『ルイジ・グッファンティ』社の社長が、丸新本家 湯浅醤油のもろみの味に感動し、製造を快諾。出来上がった『モロマッジョ』は、まったりとした味噌のようなこくと、噛むほどに増すチーズの旨みが癖になる逸品。
本場イタリアの一流のチーズ洗練士からも高く評価されているこのチーズ、日本xイタリアで生まれた新しいチーズです。そして、本当に美味しいですよ!

この『もろみ』は、湯浅醤油 蔵匠 樽仕込みをしぼる前のもろみですが、丸新本家の金山寺味噌と合わせて食べる楽しいチーズとのマリアージュなども紹介してくれています。

家庭画報-LOCAL都道府県のとっておき

コパン・ドゥ・フロマージュのサイトはこちら
https://www.copain-f.com/

家庭画報 2月号
コラム, マスコミ掲載情報, 新聞・webニュースで紹介されました, 雑誌で紹介されました

帝国データバンクの雑誌に湯浅醤油有限会社が掲載

2018年9月6日発行
帝国データバンクが発行する雑誌 『TDB TEIKOKU NEWS daily』の
コーナー、ビジネスランチャー【第288回】で湯浅醤油有限会社が 掲載されました。

「世界一の醤油」作りにチャレンジしている湯浅醤油(有)を取り上げたいという事で、取材して頂きました。
5代目 新古敏朗が醤油事業を立ち上げた時の話、また、色々な試みをしていることなども紹介。
取材が、少し違う視線から見て書いてくれています。

コラム, マスコミ掲載情報, 雑誌で紹介されました

発酵食文化伝承人・伏木暢顕様(発酵王子)が湯浅醤油を紹介☆

2018年8月30日発売
男の隠れ家別冊 『医師が勧める カラダが喜ぶ正しい食べ方』に掲載。

発酵食という"旨味の美学"
古来、日本人は発酵食を積極的に取り入れてきた。
健康をもたらし、美味でもあるからだが、現在はどうか。
専門家である伏木暢顕様に発酵食の現状について聞いた!の中で、
湯浅醤油有限会社の蔵職人が日本の発酵文化を守る人々で紹介されています。

発酵文化伝承人ってどんな仕事してるの?

伏木さんは日本の発酵食文化の伝承人を自認する。
人と文化を発酵を通じての地域活性化を図ると共に、昔ながらの天然醸造を続ける
蔵の存続に力を注ぎ、イタリア、スペイン、フランスなど世界に発酵の魅力を伝えている。

 

コラム, マスコミ掲載情報, 雑誌で紹介されました

雑誌 CREAクレア 8・9月号 に湯浅醤油 九曜むらさきが掲載

雑誌 CREAクレア 8・9月号
『47当道府県からおいしいお届け!
日々のごはんのお取り寄せ。』テーマの
『醤油とバター』のコーナーで湯浅醤油 九曜むらさきが紹介されました!

本当に、炊き立てのご飯にバターと醤油。
ただ、それだけで幸せですよね。
いつも家に常備するものだから、上質のものにアップグレードするだけで
食卓がぐっと豊かになる。
是非、試して頂きたいです。

湯浅醤油 九曜むらさきのページはこちら
https://www.marushinhonke.com/SHOP/3555/58245/list.html

雑誌 クレアについてはこちら
http://crea.bunshun.jp/

コラム, マスコミ掲載情報, 新聞・webニュースで紹介されました, 雑誌で紹介されました

湯浅なすカレー リビング和歌山で紹介

2018年7月28日 リビング和歌山に
湯浅なすカレーが掲載されました。

ナスはナスでも、大正時代から伝わる紀州の伝統野菜「湯浅なす」を使用。
その甘味とスパイスの辛味がいい感じにドッキングされ、編集部の“カレー女子”が絶賛。

湯浅なすカレーのページはこちら
https://www.marushinhonke.com/SHOP/61051.html

マスコミ掲載情報, 企業コラボ, 雑誌で紹介されました

雑誌:和nagomi掲載 イタリアのチーズと日本の醤油をつないだ奇跡の人(宮本喜臣)

2018年7月24日発行
雑誌:和歌山 人・もの・地域
和nagomi に掲載して頂きました。

和歌山とイタリアとチーズと湯浅醤油のコラボ
世界に誇る和歌山の魅力特集で「蔵匠 樽仕込み」醤油が紹介されました。

和歌山を代表するチーズの達人の宮本さんが、イタリアのチーズ造りを見学して、
日本の醤油をアレンジしようと思いつき、湯浅醤油の樽仕込みのしょうゆのモロミを持ち込んで
夢のコラボレーションを完成した、スペシャルチーズです。その名も『モロマッジョ』!
このチーズ、本来なら固くなるチーズらしいのですが、醤油もろみをつけて発酵させると
なぜか固くならず柔らかい。醤油の塩気がチーズとマリアージュして美味しんです!
ここに来るまでに、本文には載ってませんが、何回もイタリアに訪問し、弊社にも来ていただき
何年もかけて完成させた商品です。
イタリア人にも日本人シェフ達にも評価が高く、まだ生産量も少ない製品です。

入手は、コパンデュフロマージュ、宮本喜臣様にお問い合わせ下さい。
https://www.copain-f.com/

コラム, マスコミ掲載情報, 雑誌で紹介されました

雑誌クロワッサン5/25特大号の 「発酵食と油のお取り寄せ」特集に丸新本家の塩麹が掲載

雑誌 クロワッサン5/25特大号
「発酵食と油のお取り寄せ」特集に丸新本家の塩麹が掲載☆

数年前から麹や甘酒、納豆といった発酵食がテレビやSNSで話題になり、
最近では腸活と言われているのでまだまだブームは終わらないですね!

発酵食には美肌効果や老化防止、ダイエットに効果があると言われています。
また、消化吸収も良くなり、栄養価を上げる効果もあるので女性には嬉しいことだらけですね!

「お肉が柔らかくなる!」とまとめてリピート買いをされるお客様も多くいらっしゃいます。
国産原料のみ使用しておりますのでご安心してお使い頂けますよ!

塩麹のお買い求めはこちらから↓
https://www.marushinhonke.com/SHOP/99700.html

クロワッサンのご購入、試し読みなどはこちらから↓
https://magazineworld.jp/croissant/croissant-973/
発行元:株式会社マガジンハウス様

マスコミ掲載情報, 新聞・webニュースで紹介されました, 雑誌で紹介されました

味噌情報誌 JAPAN MISO PRESSに丸新本家の金山寺味噌が紹介

日本唯一の味噌の情報誌「JAPAN MISO PRESS(ジャパンミソプレス)」
2018年4月号に金山寺味噌の特集が取り上げられ
丸新本家も紹介して頂いています!

この情報誌は本当にどのページを見ても味噌、味噌、味噌づくしです!
味噌が大好きな”ミソガール”による味噌に関連した豆知識、レシピ、お店等
情報が盛りだくさんです。

紙面にもありますが、金山寺味噌は醤油の元となっております。

鎌倉時代、和歌山県の由良町にある興国寺というお寺の覚心というお坊さんが
中国へ渡り、金山寺味噌の手法を日本に持ち帰ったのが始まりと言われています。
その後、湯浅町を中心におかず味噌として親しまれました。
金山寺味噌を仕込む際に出る野菜の出汁が「大変美味しい!」と噂になり
調味料として使ったのが今の醤油の起源です。

金山寺味噌はご飯や茶粥(和歌山ではおかいさんと呼んでます。)、
野菜に乗せて食べるのが主流となっていますが、
最近ではピザに乗せたり、パスタに和えたりと色んな食べ方があるようです。

丸新本家ではご自宅で簡単に金山寺味噌が作れるように
金山寺味噌のこうじも販売をしています。
これから夏野菜が採れ始めるので、是非一度作ってみてください!

丸新本家のホームページで金山寺味噌がお取り寄せ!
以下のリンクにアクセスして頂くとショップでお買い求め出来ます。

具だくさん金山寺味噌
http://www.marushinhonke.com/SHOP/17027.html

オリーブ金山寺味噌
http://www.marushinhonke.com/SHOP/16015.html

梅金山寺味噌
http://www.marushinhonke.com/SHOP/19115.html

にんにく金山寺味噌
http://www.marushinhonke.com/SHOP/19015.html

金山寺こうじ
http://www.marushinhonke.com/SHOP/96108.html

 

JAPAN MISO PRESSさんホームページ
http://misopress.jp/

 

マスコミ掲載情報, 雑誌で紹介されました

女性週刊誌「女性自身」で湯浅醤油の生一本黒豆醤油が紹介されました

女性週刊誌 「女性自身」3月13日号に
湯浅醤油の生一本黒豆が掲載されました。

今回はなんと!!
タレントの川村ひかるさんが生一本黒豆を紹介してくれました!!
丹波黒豆を使用し、国産小麦、長崎五島灘のお塩を作り、
古式製法で仕込んだこだわりの醤油です。

ヨーロッパのミシュランシェフがこの醤油の為に来店された事もあります。

この雑誌の他、テレビや料理本、ネットニュース等の様々なメディアで紹介されています!

生一本黒豆はこちらからお買い求め頂けます。↓↓
http://www.marushinhonke.com/SHOP/3555/58244/list.html

是非一度ご賞味ください!

 

マスコミ掲載情報, 雑誌で紹介されました

雑誌 「新世 4月号」で紹介して頂きました

一般社団法人 倫理研究所様発行の”新世 4月号”にて
「和食文化を支える、醤油発祥の地 湯浅町」の中で湯浅醤油を掲載してくださっています。

特集の中には湯浅町の伝統ある町並みや櫂入れ(醤油を作る際にもろみをかき混ぜる工程)の写真もありました。

おたよりコーナーの読者プレゼントでは抽選で生一本黒豆が3名様に当たるキャンペーンも
行っておりますので是非、ご購読頂き、ご応募ください!

倫理研究所様 オンラインショップにてお買い求め頂けます。
https://www.rinri-jpn.or.jp/publication/products/detail.php?product_id=413