企業コラボ, 表彰されました

エス・コヤマ インターナショナルチョコレートアワードで醤油チョコ 銀賞

インターナショナルチョコレートアワード、Milk chocolate ganaches or truffles部門で
兵庫県三田の小山ロールで有名なパテシエ エスコヤマ es koyamaさんが作った
湯浅醤油有限会社(新古敏朗)とエンジ株式会社、(煙事、輿水治比古)さんコラボの
「燻し醤油」を使用したチョコレートが、銀賞を受賞されました!
2012年にイギリス・アメリカ・イタリアの団体(個人)によりスタートした、独立したチョコレートの品評会。
小規模生産者からカカオ栽培農家のサポート、市場の発展と開拓を目的としている。
出品されたチョコレートは、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなどの世界各地での審査・大会を経て
世界大会で金賞・銀賞が決められる。
部門は主に、板チョコレート、ボンボンショコラ、チョコレートペースト、チョコレートドリンクに分かれている。
internationalchocolateawards.com/2017/06/asia-pacific-competition-2017-winners/
今年10月、ロンドンでの世界大会にも出品されるようなので、期待したいですね!
エスコヤマのホームページはこちら http://www.es-koyama.com/
企業コラボ, 展示会情報

十勝ヒルズ 木村塾 醤油造り体験教室 7月8日-9日

7月8日、9日の2日間、北海道 十勝にて、
奇跡のリンゴの木村秋則様のグループ自然栽培研究会主催の
『十勝産オーガニック原料で作る醤油造り体験教室』が開かれます。

講師に弊社5代目 新古敏朗が行きますよ!
毎回、大人気で大盛り上がりのイベントです!
是非、ご参加下さいね~

マスコミ掲載情報, 企業コラボ, 海外メディア掲載情報, 雑誌で紹介されました

雑誌「料理通信」でチーズと湯浅醤油のコラボ紹介

2017年3月1日発行の料理通信2017年4月号にて、
和歌山県のチーズ専門店「コパン・ドゥ・フロマージュ」さんと
湯浅醤油・丸新本家のしょうゆもろみを使ったコラボレーションチーズが紹介されています。

世界でも数少ないチーズ洗練士の一人、宮本喜臣さんが
どうすればしょうゆもろみとチーズが上手く組み合わせるか等を
試作を重ね、徐々に実現しようとしています。
日本とイタリアが、「発酵」でつながる!

コパン・ドゥ・フロマージュ
http://www.copain-f.com/

 

発酵文化 夢の融合 (しょうゆ使いチーズを開発)

紀の川市の宮本喜臣(チーズソムリエ)が、和歌山の発酵文化(湯浅醤油)の融合する考えを考案し、湯浅醤油有限会社の新古に相談がありました。

以前、イタリアのサローネデルグストに一緒に出店したことも
そのヒントになったという。

マスコミ掲載情報, 企業コラボ, 新聞・webニュースで紹介されました

「ニュース和歌山」チーズと湯浅醤油のコラボ

発酵文化 夢の融合 (しょうゆ使いチーズを開発)

紀の川市の宮本喜臣(チーズソムリエ)が、和歌山の発酵文化
(湯浅醤油)と融合する考えを考案し、湯浅醤油有限会社の
新古敏朗に相談がありました。

以前、イタリアのサローネデルグストに一緒に出店したことも
そのヒントになったという。

醤油をきっかけに、世界の発酵食品を勉強していく中で、
世界の発酵に共通点が有る事に気づき、
今回の商品開発に協力させていただく事になりました。

宮本さんは、チーズの世界から、
私は醤油や味噌の世界から物事を見ていましたが、
今回宮本さんのアイデアのお陰で実現した取り組みです。

テレビで紹介されました, マスコミ掲載情報, 企業コラボ

TBS「白熱ライブビビット」で燻し醤油 紹介されました!

2017年1月27日、TBS 国分太一さんと真矢ミキさんの朝のテレビ
「白熱ライブビビット」の「カトシゲのお取り寄せハウス」のコーナーで
燻製しょうゆの 『燻ししょうゆ』が紹介されました!

 

湯浅醤油はもちろん弊社が製造。それを燻製にするのが、軽井沢の『風の仕業』さん。この風の仕業の輿水さんは、隠れ家的な名店 赤坂の『燻』のオーナーシェフで燻製の達人。

燻し醤油に関しては、こちらをご覧ください。
http://www.marushinhonke.com/SHOP/57953/126618/list.html

白熱ライブ ビビットの燻し醤油の紹介ページはこちら
http://www.tbs.co.jp/vivit2015/corner/otoriyosehouse/20170127.html

企業コラボ

総本家駿河屋さんの羊羹 しょうゆ味にご使用頂いています 

和歌山の550年続く老舗和菓子屋さん、総本家駿河屋酸の
新しい羊羹が新発売。3種類ある中の、しょうゆ羊羹に、
湯浅醤油をご使用頂いています。

お土産、手土産に、とっても喜ばれると思います。
3種類、食べてみましたが、どれも美味しいです!

和歌山の特産品羊羹

収穫量日本一の『みかん』500円
収穫量日本一の『山 椒』600円
日本発祥の地の『醤 油』600円
※各消費税別途

総本家駿河屋さんのHPはこちら
http://www.souhonke-surugaya.co.jp/

企業コラボ

コイケヤ 湯浅醤油とのコラボスコーン 絶品しょうゆ味発売☆

湖池屋さんのHPで、絶品しょうゆ味のことを、下記のように表現してくれています!さらに濃くおいしくなって新登場のキャッチ通り、濃くて美味しいです!
———-
こちらの「スコーン」はただの「スコーン しょうゆ味」ではありません。

“絶品しょうゆ味”です!なぜに”絶品”なのかといいますと、黒豆を天然杉の樽で約2年間熟成させた「生一本黒豆醤油」を使用しているのです(ノ゚ο゚)ノ
この説明を聞くだけで素晴らしい醤油であることがおわかりいただけると思いますが、

それだけではないのです!モンドセレクションにて11年連続最高金賞受賞!!

ともかく、すごい醤油なんですよ!!!

パッケージを開けた瞬間にほのかに漂ってくる上品な醤油の香りヽ( ´¬`)ノ

焼とうもろこしを連想させる香りに引かれて口に入れるとカリッとサクッとした「スコーン」ならではの食感とともに濃厚で甘みのある、香り豊かな「生一本黒豆醤油」の風味が押し寄せてきます!
シンプルながらも味わい深いおいしさヽ(~~~ )ノ

焙煎唐辛子の辛味が絶妙なアクセントとなっていて、
キレの良い後味と後引くおいしさが楽しめますよヽ( ´¬`)ノ

ということで、「スコーン 絶品しょうゆ味」は現在、全国発売中です!

「生一本黒豆醤油」を使用した「スコーン 絶品しょうゆ味」をぜひ、この機会にお試しください!

企業コラボ

ローソン ご当地からあげクン☆湯浅醤油味発売

ローソン からあげクン30周年記念 地域限定!「ご当地からあげクングランプリ」で、湯浅醤油味が発売されました!
ガーリックが入って、濃いめの味でとっても美味しいです! 是非、応援、よろしくお願いします♪

今回は、全国を12エリアに分けた、「ご当地からあげクン」。
そのエリアでだけ食べることができる、そんなスペシャルなからあげクンになっているそうです。

発売は9月6日(火)から。価格はいずれも5個入りでローソン標準価格 216円(税込)。

今回は、「ご当地からあげクングランプリ」と称して、各エリアの順位※を競います!
※順位は販売期間「2016年9月6日(火)~9月26日(月)」の「平均販売数」

見事、1位になったエリアのからあげクンには、ご褒美として

1)2017年1月に、全国デビュー!(予定)

2)更に、受賞エリアでは「でからあげクン」として発売!!

企業コラボ

ローソンで湯浅醤油 焼おにぎり 発売☆

LAWSONで1月26日から 湯浅醤油の焼おにぎり 発売。

これ、2回目の発売で、実は人気のおにぎりなんです!
電子レンジでチンすると、香ばしい香りが立って、もちもち感もアップ。
美味しいので是非食べてみてくださいね♪

企業コラボ

湯浅醤油使用牛すじ重 【関西・徳島限定】が発売☆HottoMottoほっともっとさんとコラボ


お弁当の「HottoMottoほっともっと」さんと湯浅醤油とのコラボ企画
牛すじ重 【関西・徳島限定】が発売になりました。
湯浅醤油「蔵匠 樽仕込み」を使って牛すじをやわらかく煮込んでいます。
是非、期間も限定らしいですので、お早めに~♪おいしいですよ!

ーHottoMottoほっともっとさんの紹介文ー

関西で最もポピュラーな牛すじ料理といえば、牛すじ肉を味噌や醤油をベースにした味付けでとろとろになるまで煮込んだものです。またおでんのタネとしても関西では牛すじは欠かせません。そんな関西の食文化に深く根付いている「牛すじ煮込み」をほっともっと風にアレンジしました。

こだわりポイント
1.日本の醤油発祥と言われる紀州湯浅名産で、約1年半熟成させた「樽仕込み醤油」使用。
2.甘辛の味付けによく合う半熟たまご付き。
3.牛すじ肉と相性のいいこんにゃくとごぼうを一緒に煮込みました。

ほっともっとさんのページはこちら
http://www.hottomotto.com/sp/gotouchi/kansai.html

動画はこちら
http://www.hottomotto.com/sp/gotouchi/kansai-mov.html

企業コラボ

日清 行列のできるラーメン 和歌山と湯浅醤油がコラボ☆

日清食品さんから 行列のできるラーメンシリーズ 和歌山 『湯浅醤油 蔵匠 樽仕込み』が入ってリニューアルされ発売されました!

5年前にオファーがあり、日清さんには最低2年は待って頂かないと出来ませんというところから始まりました。
長い年月がかかりましたが、弊社の事情・わがままをきいて頂き出荷できるようになりました。
是非、食べてみて下さい。
まだ生産量が少ない為、冷蔵品のチルド商品のみです。お近くのスーパーさんなど、探してみて下さい。
濃厚で香りよくて、美味しいですよ☆

日清食品さんのページはこちら
https://www.nissin.com/jp/products/items/7050

『コシのあるストレート中細めんと、豚骨・豚肉・鶏ガラをじっくり炊き出した濃厚な醤油とんこつスープです。
醤油発祥の地・紀州湯浅で醸造され、1年以上熟成させたうまみの強い樽仕込み醤油を20% (醤油に占める割合) 使用し、
コク深い味わいに仕上げました。』と説明されています。

企業コラボ, 新商品の案内

燻製の醤油”燻ししょうゆ” 発売☆

◆“燻ししょうゆ”販売開始◆

風の仕業×湯浅醤油のコラボにより生まれた燻製の醤油!
食材に一滴落とすと、まろやかな燻香が口に広がり、食材の旨味を失わず逆に引き上げてくれる不思議〜〜な醤油なんです。

いつものお醤油を燻ししょうゆに変えるだけで全く違った風味を味わえちゃいます(^-^)

ぜひ、この香りと味をお試しください♪

丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ

鯨の大和煮 生一本黒豆醤油使用☆東北復興支援企

湯浅醤油 生一本黒豆醤油を使った『鯨の大和煮』
が発売になりました。

丸新本家・湯浅醤油の東北復興支援企画 第2弾☆

震災から4年。津波で流され工場もなくなってしまいましたが、少しずつ立ち直ってこられた宮城県石巻市海の幸の缶詰加工『木の屋石巻水産』様が、2013年に新工場を再建されました。

一時的な支援ではなく、長く継続的に支援できる支援の形で、湯浅醤油とコラボして発売となりました。

これからも安定して操業していけることを少しでも応援したいので、是非皆様にお買い求め頂き、何度も召し上がって頂きたいです。

鯨の大和煮は、生姜がきいて醤油味でやわらかく本当に美味しいです♪ 癖もなく、お箸が止まりませんよ!

企業コラボ

たね以外は、何も入れない 「無農薬無肥料の小麦の収穫」


湯浅醤油(有)で「魯山人醤油」という無農薬無肥料の大豆、小麦、米を使ったしょうゆが有ります。
その自然栽培(無農薬無肥料)の小麦を契約(友情)栽培していただいている、
折笠農場の折笠さんの「ハルキラリ」の収穫の様子です。

2009年10月6日に折笠さんと出会い、こだわりの醤油を造るために無農薬無肥料で大豆と小麦を作っていただく事になりました。
折笠さんは、当時自分が丹精込めた穀物が最後にどの様に使われているか分からなかった。
穀物と醤油の生産者の顔が見える安全と安心の醤油の始まりです。

美味しさの追求から、本当の安心とは、何かをお互いに確認して、湯浅醤油「魯山人」の完成!
お互いの自分の子供みたいな醤油に価値観が有る事を誇りに思っています。

最近の出来事では、 魯山人醤油には、不思議な力があり、知り合いの大豆アレルギーの子供に試しに使ってと行ってわたしたら
凄い事が起こった!」という報告もあり お互いに自然栽培の凄さを共有しています。
ほんまの本物の凄さか、本来はこういう物が当たり前だったのかもしれません。
薬事法などの問題もあるので言えないようですが、食生活が美味しく無い醤油では無く
美味しい醤油を使って変わるかもしれないものになっています。

3枚めの写真は、6月に無農薬無肥料米の生産者 大田農園の大田さんもご一緒した時のハルキラリの畑の写真です。

折笠さんのHPはこちら
http://www.kimura-akinori.jp/farmers_orikasa.shtml

企業コラボ

無印良品 キャンプ場で湯浅醤油づくり☆

昨年に引き続き今年も、無印南乗鞍キャンプ場で手作り醤油仕込みの教室を行いました。
7月20日21日の2日間。今年はあいにくの雨でしたが、楽しんで頂きました。
来年、日を決めて集まって醤油の自慢会やると盛り上がりました!

隣には、和歌山の梅を使用した梅酒作りも同日開催(和歌山の中野BCさん)。

要予約。
MUJIアウトドアネットワーク  03-5950-3660 (月~金10:00~17:00)

講師は、5代目 新古敏朗です。

「こだわり食材クッキングDAYS」としてのコラボレーショントークも有り、すてきな景品も!

他にも、たのしい講座が目白押し。
詳しくは、無印良品キャンプ場のホームページからご覧ください。
http://www.muji.net/camp/

企業コラボ

自然栽培研究会 木村塾で湯浅醤油 マイ醤油づくり教室

映画にもなった「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんの農法 自然栽培研究会が
北海道十勝でおこなわれました。
木村塾の会長の折笠さんと会員の太田さんに大豆、小麦、米を作ってもらい湯浅醤油の「魯山人」を
造らせていただいています。

今回は、その原料を使ってMY醤油を造ろうということで十勝に行かせていただきました。場所は、十勝ヒルズ。

ここ十勝ヒルズでも 自然栽培の研究もされていて、お客様にその説明を行っています。
毎年、木村秋則さんも参加されるのですが、今年は体調不良でお休みとなりましたが、
安心、安全に感心の高い方々が、北海道以外からも来られていました。

自然栽培の穀物を使ってのペットボトル醤油仕込みの体験をしていただきました。
もちろん皆さんに持って帰っていただき醤油を育てていただいています。

大好評で終わりました。
来年も木村塾は行います。
十勝ヒルズには、「魯山人醤油」の販売もしていただいています。

十勝ヒルズさんのHPはこちら
http://www.tokachi-hills.jp/

企業コラボ

自然栽培の米(無農薬無肥料) 大田農園

最近 有機栽培ということは、耳にするようになりましたが、自然栽培(無農薬無肥料)は、聞いたことが無いのではないでしょうか?

今回は、有限会社アグリシステム(北海法)の太田拓寿さん親子をご紹介します。

6月に北海道の十勝で木村秋則(奇跡のりんご)さんの自然栽培の農業の集まりがありました。
その時、私もよばれて、手づくり醤油の講習会とパネルディスカッションで行ってまいりました。

折笠農場で記念撮影 左から
湯浅醤油(塩谷)、太田拓寿さん、 太田さん(父)、 私(新古敏朗)、折笠さん (自然栽培大豆、小麦生産者)です。

米に除草剤もやらないで生産する。無農薬で生産するとは、どんなことか。
下の写真見てください。

この乗り物は、雑草の苗をひっくり返す機械です。
オレンジ色の爪が回りながら、苗と苗の間から生えてくる雑草の苗を倒しながら進んで行くシステムで、雑草が生えてきたら、田んぼに登場して草倒しします。
実際運転が難しく、よそ見すると稲が抜けてしまうので気を抜けない作業です。

親子で真面目で熱心。この人達のお陰で、湯浅醤油「魯山人」が完成することになっています。

ちなみに、米の品種は、「ゆめぴりか」の無農薬無肥料です。たぶん、現在は、日本でたった一人だけの生産者だと思います。
また、小学生のお米作りにも協力することのできる人でもあります。やっぱり心のこもった人です。

丸新本家からのお知らせ, 企業コラボ

蔵カフェ オープン♪ くろさわ牧場とコラボで醤油ソフトクリーム販売

醤油蔵の工場見学に来ていただいたお客様に、醤油を身近に感じてもらい、ゆっくりとした時間を過ごして喜んで頂けるように『醤油ソフトクリーム』の販売を始めました!

元々カップの醤油あいすはくろさわ牧場さんとのコラボで販売していたのですが、ソフトクリームで食べたいというお客様のご要望にお応えしました!

醤油は、生一本黒豆醤油を使用し、くろさわ牧場のソフトクリームとコラボ。濃厚でおいしい搾りたて牛乳を100%使って作るソフトクリームは多くのファンがいる逸品。

醤油とのコラボも大好評いただいております☆

ソフトクリーム以外にも、こだわりのアイスコーヒーやゆずジュース、濃厚なみかんジュースもあります。

是非、お立ち寄り下さいませ。

ソフトクリームは1こ350円(税込み)
蔵カフェでは、無料Wi-Fi、無料充電できます!

企業コラボ

湖池屋さんと湯浅醤油のコラボ極旨ポテトチップス☆

湖池屋は4月14日より、「極旨ポテトチップス こだわりの焼きのり醤油味」を全国コンビニエンスストア限定で発売。
生一本黒豆醤油使用、化学調味料不使用☆

コンセプトが凄い!!
一般的に化学調味料を多くして、こってりの方向に進んでいる中を、
あえて逆の化学調味料を使わない方向で、開発を進める(挑戦と言ってました)方向、
昨年から、ポテチの話があり試作品の試食などさせていただきましたが、
なかなか味が決まらなくて心配していた商品です。
しかし私は、不使用を待っていました。

化学調味料を不使用の湖池屋さんの初挑戦商品です。

掲載された記事はこちら
http://news.mynavi.jp/news/2014/03/25/245/

同商品は日本食がユネスコの「無形文化遺産」に登録され、日本の食材に対する注目が高まりつつあることを受けて発案されたポテトチップス。日本ならではの素材にこだわり、化学調味料不使用で仕上げ、素材の味わいを生かした。

モンドセレクション最高金賞8年連続受賞の湯浅醤油「生一本黒豆」に有明海産の焼きのりを加え、隠し味に焼津産かつお節、日高産昆布を使用。上品な香りの醤油に、香ばしい焼きのりがアクセントになった、こだわりの焼きのり醤油味となっている。価格はオープン。

企業コラボ

旬菜炭焼きイタリアン「セッティモ・アンジュ」x湯浅醤油がコラボ

4年目、旬菜炭焼きイタリアン「セッティモ・アンジュ」さんと湯浅醤油がコラボ。
4月5月と2ヶ月間のみの限定メニューが食べられます☆

大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店本館8F
電話:06-6241-5131
www.anjou.co.jp/shop/settimo

店内のディスプレイも、この2ヶ月はすっかり湯浅醤油。
醤油や味噌がうまくイタリアンとマッチし、食材も新鮮で、とっても美味しく、ファンも多いんです。
4月と5月はメニューが変わります。

シメには、金山寺味噌をのせたご飯も注文できますし、デザートにもお醤油が♪

マスコミ掲載情報, 企業コラボ, 新聞・webニュースで紹介されました

2014/03/25 ネット マイナビニュースで湖池屋 生一本黒豆醤油使用 極旨ポテトチップス


湖池屋は4月14日より、「極旨ポテトチップス こだわりの焼きのり醤油味」を全国コンビニエンスストア限定で発売する。

生一本黒豆醤油使用、化学調味料不使用☆

化学調味料を不使用の湖池屋さんの初挑戦商品です。
4/14日より発売

http://news.mynavi.jp/news/2014/03/25/245/

同商品は日本食がユネスコの「無形文化遺産」に登録され、日本の食材に対する注目が高まりつつあることを受けて発案されたポテトチップス。日本ならではの素材にこだわり、化学調味料不使用で仕上げ、素材の味わいを生かした。

モンドセレクション最高金賞8年連続受賞の湯浅醤油「生一本黒豆」に有明海産の焼きのりを加え、隠し味に焼津産かつお節、日高産昆布を使用。上品な香りの醤油に、香ばしい焼きのりがアクセントになった、こだわりの焼きのり醤油味となっている。価格はオープン。