RSS

鯨の大和煮 缶詰 東北復興応援商品 湯浅醤油生一本黒豆使用でおいしい☆



【震災直後の石巻の様子〜木の屋石巻水産 木村社長より〜】

宮城県石巻市、三陸の豊富な海の幸に支えられ、石巻港は2010年漁業の水揚げ高全国第3位という、日本でも有数の漁業・水産加工業の盛んな港町でした。
3月11日、宮城県沖で発生した大地震は、巨大な津波と共に、そんな港町を一瞬のうちに飲み込んでいきました。 地震発生の30分後には、津波の第一波が到達し、瞬く間に沿岸の町のほぼ全てが波に飲まれました。木造の建物のほとんどは津波の破壊力を前に瓦礫と化していき、避難所となっていたコンクリート造りの小中学校の建物も2階まで水没しました。
津波により、石巻では60,000台近い数の車が海に引き込まれ、車の中に閉じ込められた尊い命が犠牲になりました。
津波が引くまで丸2日間は、避難所から出ることも出来ず、食料もなく、不安な夜を過ごしました。携帯電話の基地局が被災したのか、携帯電話も通じることはなく、外部との連絡も断たれ、先の見えない、本当に絶望感を味わったものです。
避難所に初めて自衛隊の救助が来たのは、地震が起こってから2日後のことでした。
津波が引いた後の石巻の町並みは、全く意味のわからない状況でした。逆さになって民家に突っ込んでいる大型トラック、あるはずのないところに乗り上げている大型船、自宅のあったはずの場所には基礎のコンクリートしか残っていませんでした。
震災から数ヶ月経った時点でも、津波に流されたご遺体がみつからず、愛する人を探して沿岸を歩いている人を見かけます。
私たち、木の屋石巻水産は、石巻で、「鯨の大和煮」からスタートをし、三陸沖の旬の海の幸を缶詰に加工する水産加工業を営んでおります。 海の見える石巻港からほど近い場所に会社と製造工場がありました。 津波により工場は流され跡形もなく、本社も瓦礫が詰まり、使える状態ではなくなりました。石巻港のシンボルマークでもあった、弊社の「巨大鯨大和煮缶詰」は、200t以上の魚油が入っていたにもかかわらず、元にあった場所から300mほど流された場所に転がっていました。 津波で流されてしまった本社、工場、倉庫を見た時は、言葉を失いました。これまで培ってきたものが、ほんの一瞬でゼロになってしまったのです。
ところが・・・ 工場の瓦礫を片付けている時に、瓦礫の下に大量の缶詰が埋まっていることに気づきました。 津波から離れて避難所にいる時、まだ支援物資も十分に行き届かない中、津波で流れてきた私たちの缶詰を食べて、多くの方が元気を取り戻してくれました。 津波によって、どこともしれず流されたと思っていた私たちの缶詰が、実はその多くが工場跡に堆積した瓦礫や泥の中に残っていたのです。
避難所で元気をくれた「缶詰」、この缶詰を発掘し、一人でも多くの方にお買い上げいただくことが出来れば、石巻復興のための資金を自分たちで集めることが出来るかもしれない! その日から、私たちは社員全員で、そしてボランティアの方々にも多大なるご協力をいただきながら、缶詰の発掘を始めました。 震災後、発掘した缶詰を手に持って、千葉県、鳥取県などの道の駅や店舗でお客様に販売をさせていただきました。 津波の影響で、包装は剥がれ、普段であればとても商品とはいえない、裸の缶の状態です。 それでも、本当に多くの皆様に、温かい言葉をかけていただき、購入していただくことが出来ました。 心からの感謝の気持ちを胸に刻み、復興への意志をさらに固めています。
この「発掘缶」には、
・震災の記憶から立ち直り、前を向いて歩きたいという石巻の人々の想い
・工場はなくなってしまったけど、一歩ずつ、少しずつでも復興を進めていきたいという 「木の屋石巻水産」社員全員の想いが詰まっています。
木の屋石巻水産様の、復興への強い思いのこもったこの缶詰とコラボレーションすることで、 その思いをより多くの方々にお伝えする一助になればと思っております。



鯨の大和煮 缶詰 東北復興応援商品 湯浅醤油生一本黒豆使用でおいしい☆

価格:

648円 (税込)

[ポイント還元 32ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫切れ

お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

賞味期限3年